2020年 9月 19日 (土)

18年2月、ジャニーズ事務所に衝撃が走った 時系列で見る「嵐休止」と他グループの動向

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   嵐は活動休止の発表にあたり、決断にいたるまでのプロセスを比較的詳細に明かしている。その時系列を追うと、事務所の動揺、そしていかにこの事態に対応したかがうかがえる。

   図表は、嵐の休止までの過程、そして同時期の主要なジャニーズ所属グループ、タレントらの動向をまとめたものだ。

  • 活動休止の経緯と、他の主要所属タレントらの動向(いずれも敬称略)
    活動休止の経緯と、他の主要所属タレントらの動向(いずれも敬称略)
  • 活動休止の経緯と、他の主要所属タレントらの動向(いずれも敬称略)

SMAP解散さなかに悩んでいた大野

   2019年1月27日夜の会見によれば、大野智さんは14年11月の「結成15周年」を終えたのち、「徐々に」活動休止を考え始めたという。

   まさにこの時期、ジャニーズ事務所は「SMAP解散」に揺れていた。15年1月、週刊文春のインタビューをきっかけに、事務所内での軋轢が表面化、そして1年後の16年1月には解散報道にいたる。いったんは沈静化するものの、8月には結局解散が発表され、12月いっぱいでSMAPは活動を終了する。

   大野さんが最初に意向を4人に伝えたのは、17年6月16日だ。この2日後の18日、ジャニーズ事務所は稲垣吾郎さん、草なぎ剛さん、香取慎吾さんの退所を発表している。16日のタイミングではすでに週刊誌報道などを通じ、「2人残留・3人退所」が既定路線となっていた。悩む大野さん、そして4人に、先輩のこうした動向が影響を与えなかったとは考えづらい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中