2019年 9月 21日 (土)

白鵬ケガ休場に「最後まで出てほしかった」 「稀勢」を例に出した舞の海に「違和感」続出

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   大相撲初場所を負傷のため途中休場した横綱・白鵬に対し、元小結・舞の海秀平氏が呈した苦言が不評を買っている。

   舞の海氏は横綱・稀勢の里を引き合いに出して「稀勢の里は出ました。同じ横綱でも価値観が違うのかな」などと発言。だが、稀勢の里はケガを押して強行出場を続けたこともあり、8連続休場、そして引退に至った。インターネット上では「白鵬いじめ」の指摘が出るとともに、「稀勢の里は、こんな事いう人たちが多かったから、無理して出て引退したんだ」との声もある。

  • 横綱・白鵬
    横綱・白鵬

「同じ横綱でも、ちょっと価値観が違うのかなと」

   白鵬は2019年初場所で、初日から10連勝の後3連敗し、14日目から休場した。千秋楽の1月27日、NHKの中継で解説した元横綱・北の富士勝昭氏も「(白鵬の)3敗は相手を褒めるべきだと思う」と勝った3力士を評価。一方で、

「しかし遠慮なく言わせてもらえば、僕は2日間くらい足を引きずってでも、這ってでも出てきてほしかったね」

と、その後休場した白鵬に不満をもらした。

   今場所の白鵬は右膝の手術明け。4日目の幕内・北勝富士戦でその右ひざを再び負傷し、5日目の幕内・錦木戦では左足首を痛めた。報道によれば、右膝血腫と左足関節炎で「約1週間の加療を要する」と診断されたという。

   ケガを押して出場した力士もいた。幕内・勢は初日に額を切り、8針縫った。それでも大きなガーゼを当てながら15日間取り切り、9勝6敗と勝ち越し。千秋楽は敗れたが、ケガをいとわず正面から当たっていった。

   ここで白鵬に言及したのが舞の海氏だ。この日、NHK中継でもう1人の解説者を務めており、

「勢は今日負けましたけど、こういう姿を見ると、やっぱり先ほど北の富士さんのお話にもありましたが、白鵬には最後まで出てほしかったですね」

と、勢と比較。さらには、

「ケガの箇所も確かに違うんですけど、稀勢の里は出ましたもんね。そこは同じ横綱でも、ちょっと価値観が違うのかなと考えてしまいますね」

と稀勢の里も引き合いに出し、白鵬に苦言を呈したのだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中