2019年 10月 23日 (水)

橋本治さん死去 『桃尻娘』『窯変源氏物語』硬軟多彩に活躍

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   作家の橋本治さんが2019年1月29日に肺炎のため死去したと、30日に各社が報じた。70歳だった。

  • 2018年に上梓した『九十八歳になった私』(講談社)
    2018年に上梓した『九十八歳になった私』(講談社)

昨年も著書2冊...執筆衰えず

   東京大学在学中の68年、東大駒場祭のポスター「とめてくれるな おっかさん 背中のいちょうが泣いている」で注目される。イラストレーターを経て77年に小説『桃尻娘』でデビュー、女子高生の一人語りの文体が話題となり、テレビドラマや映画にもなった。

   その後、『桃尻語訳枕草子』、『窯変源氏物語』など古典の斬新な現代語訳を発表、話題を集めた。昨年(2018年)も『九十八歳になった私』『草薙の剣』(野間文芸賞)と2冊の小説を出すなど旺盛に執筆活動を続けていた。

   シニカルな独特の視点による社会、時事問題についての評論も多く、2017年には『知性の転覆』で、反知性主義の横行、トランプ現象などについて批判を展開していた。 都立豊多摩高校(旧府立十三中)出身。谷川俊太郎、宮崎駿、イッセー尾形らとともに同校が生んだ異才の一人と称されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中