2019年 2月 16日 (土)

ロッキング・オン、サマソニ未発表アーティスト掲載を謝罪 「多大なご迷惑を...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   音楽情報誌などを手がけるロッキング・オン(東京都渋谷区)は、同社運営の情報サイト「ロッキング・オン・ドットコム」の記事で、夏の音楽フェス「サマーソニック2019」への出演が公式発表されていないアーティストを出演者として掲載していたことについて2019年1月28日、同サイトに謝罪文を掲載した。

   「【お詫び】『サマーソニック2019』に関する情報の誤掲載につきまして」と題し、「情報解禁前に掲載してしまいました」と説明している。

  • ロッキング・オン・ドットコムに掲載されたお詫び文
    ロッキング・オン・ドットコムに掲載されたお詫び文

正式な出演アーティスト発表は、今後公式サイトで行われる

   ロッキング・オンは発表で、「1月23日17:00、弊社ウェブサイト『rockinon.com』における『ロッキング・オン』2019年3月号告知ニュースの記事内にて、『サマーソニック2019』に出演する未発表アーティストの一部を誤って情報解禁前に掲載してしまいました」と説明。次のように謝罪した。

「(編注:サマーソニックの)主催者であるクリエイティブマンプロダクション、並びにアーティスト、レーベル、関係者、そしてユーザーの皆様に多大なご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」

   その上で、「なお、今後の正式な出演アーティスト発表は、『サマーソニック2019』公式サイトにて行われます。こちらをご確認下さい」として、URLを掲載している。

   この文章にあるように、問題が起きたのはロッキング・オン・ドットコムの23日付記事。「サマーソニック20周年特集」の項目があり、「レッチリ(編注:レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)、B'z、ザ・チェインスモーカーズ、そして○○、△△、**(編注:実際はアーティスト名。編集部で伏字)の出演が決定」と記載があった。

掲載時、ツイッターで困惑の声があがっていた

   前半3組はヘッドライナーとしての出演がサマソニ公式サイトで発表されていたが、「そして」以降の後半3組の出演は公式に発表されていなかった。23日夜までに記事から後半3組の名前が削除されたが、削除前に記事を見ていた複数人が、スクリーンショット画像をツイッターにアップ。「派手なフライング」「ミスでサマソニ出演者リークになってしまったわけだ」などと困惑が広がっていた。

   ロッキング・オンの担当者は24日のJ-CASTニュースの取材に、クリエイティブマンプロダクション(東京都渋谷区)と「対応について協議している」と説明していた。

   31日現在、サマソニ出演が公式発表されているのはレッド・ホット・チリ・ペッパーズ、B'z、ザ・チェインスモーカーズの3組のみ。ただ公式ツイッターなどでは、追加の出演アーティストを2月1日に発表すると予告している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中