2019年 12月 6日 (金)

「切れ目」入った登山用スリング 気づかず使えば命の危険も...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   長野県茅野市内で八ヶ岳をアイスクライミング中に、ナイフを使ったような切れ目が4か所以上もある登山用スリング(紐の一種)があったと、山岳ガイド男性(39)がフェイスブック上で報告した。

   原因はよく分かっていないが、登山者の命に関わるため、注意を呼びかけている。

  • 八ヶ岳で見つかった切れ目のあるスリング
    八ヶ岳で見つかった切れ目のあるスリング

「信じられん」「怖すぎる」リツイートも2万件以上

   赤いテープ状のスリングに、横から鋭い刃物で切ったような跡がいくつもある。もしこれに体重をかけたとすれば、途中で切れて深い谷に転落してしまうかもしれない。

   「半分雪に埋もれていたので掘り起こしてびっくりしました」。山岳ガイドの男性は2019年1月29日、フェイスブックにこう書き込み、スリングの写真を2枚投稿した。

   このガイドはこの日、八ヶ岳に登る途中にある沢の1つでガイド業務をしていて、懸垂用に残されていたスリングに多数の切れ目があるのに気付いた。ナイフで切れ目を入れたような状態で、荷重をかけたら切れそうだった。

   自然に劣化したりロープと擦れて溶けたりしたのとは違っていた。このこともあって、ガイドは、「皆さん残置スリングは必ずしっかりチェックしましょう!」と呼びかけた。

   ツイッター上では、翌30日になって、登山関係者からもガイドの投稿が紹介され、2万件以上もリツイートされるほどの反響を呼んでいる。

   「信じられん」「怖すぎる」と驚きの声が上がるとともに、様々な推測が書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中