2020年 9月 26日 (土)

カタール代表「国籍変更」疑惑のウラ側 過去には「100万ドルで売った男」も

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   サッカーのアジアカップ決勝で日本代表と対戦するカタール代表の2選手が、代表資格を満たしていないとの疑惑が浮上している。複数の現地メディアが報じている。

   報道によると、疑惑が指摘されている選手は、スーダン出身のFWアルモエズ・アリ(22)と、イラク出身のDFバッサム・アルラウィ(21)。国際サッカー連盟(FIFA)が定める代表選手の資格に関する要件を満たしていないとのことで、注目の決勝戦を前にして波紋を広げている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

陸上でもアフリカ系選手の移住相次ぐ

   FIFAの規則では、国の代表選手になるための資格のひとつとして、「18歳になった後、関係する協会の域内で少なくとも連続5年間にわたって暮らした選手」と定めている。選手の父母が同国の国籍を持つ場合などは、この限りではないとされるが、現地メディアによると、FWアルモエズ・アリとDFバッサム・アルラウィはいずれの条件も満たしていないという。

   今回はカタールのサッカー選手に焦点が当たったが、カタールでは陸上競技において他国から多くの選手を受け入れており、物議をかもすこともあった。2000年初頭から海外選手がカタールに国籍を移して代表入りするケースが見られ始めたが、カタール・ドーハで開催された2006年アジア競技大会に合わせるようにしてこれが本格化。アフリカ系の選手が活躍の場を求めてカタールに移住してきた。

   男子100メートル、200メートルのアジア記録保持者のフェミ・オグノデ(27)は、ナイジェリア出身で2009年にカタールに移住。現在はカタール代表として大会に出場し、2016年リオデジャネイロ五輪にも出場した。また、実弟のトシン・オグノデ(24)もカタールに移住し、2015年にカタール市民権を獲得している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中