2019年 10月 20日 (日)

東京タワーはなぜ春節色に染まったか 安倍首相が抱える「三角関係」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   旧暦の大晦日にあたる2019年2月4日夜、東京タワーが初めて春節を祝う赤色にライトアップされ、点灯式には安倍晋三首相が中国語を交えたビデオメッセージを寄せた。この異例の対応の背景には、「日中関係は完全に正常な軌道に戻った」(19年1月18日の施政方針演説)ことがあるが、貿易問題で米中関係が悪化していることの裏返しだとの見方もある。

   これを裏付けるかのように、今年の春節での米政府の反応はきわめて冷淡で、ポンペオ国務長官が短いメッセージを出すにとどまった。このことを「真心は安倍首相よりも少なめ」と皮肉る中国メディアもある。

  • 赤くライトアップされた東京タワー。春節に合わせてライトアップされるのは初めてだ
    赤くライトアップされた東京タワー。春節に合わせてライトアップされるのは初めてだ
  • 赤くライトアップされた東京タワー。春節に合わせてライトアップされるのは初めてだ
    赤くライトアップされた東京タワー。春節に合わせてライトアップされるのは初めてだ
  • 安倍晋三首相はビデオメッセージで中国語を交えながらあいさつした
    安倍晋三首相はビデオメッセージで中国語を交えながらあいさつした

米国務長官に「真心は安倍首相よりも...」

   安倍氏のビデオメッセージは約2分20秒に及び、冒頭、「大家、過年好!(みなさん、明けましておめでとうございます)」と中国語であいさつ。19年が日中青少年交流年にあたることを触れながら、日本語で

「本年は、これまで以上に青少年をはじめとした、国民同士の交流に力を入れていきたいと思う」

と話した。

   これに対して、ポンペオ氏が2月4日(米東部時間)付で国務省のウェブサイトに出した談話はわずか70単語程度で、あいさつ以外の実質的な内容は(1)同盟国とパートナーとの友情を強化し続ける(2)次世代のためにより良い世界を築くための努力に参加するように、すべての国に呼びかける、の2点だけだった。

   共産党系の環球時報は、2人の談話を並列する形で紹介。記事本文で論評することは避けたが、ウェブサイトの見出しで「米国務長官が春節を祝う、真心は安倍首相よりも少なめ」と皮肉った。

「世界の春節メッセージ」報じる記事で最初に登場

   なお、トランプ大統領は18年の春節には190単語以上を費やし、米国の多様性や、アジア系米国人が米国に果たした役割をたたえる談話をホワイトハウスのウェブサイトに出していた。だが、19年は2月5日17時(日本時間)時点では発表されていない。

   環球時報は別の記事で、世界中の多数の指導者が春節を祝うメッセージを出したことを報じた。そこで最初に紹介されたのが安倍氏のビデオメッセージで、中国側も日本側を重要視していることがうかがえる。それ以降は英国のメイ首相、米国のポンペオ国務長官、パキスタンのアルビ大統領、マレーシアのマハティール首相、ニュージーランドのアーダーン首相らが続いた。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中