2019年 2月 17日 (日)

TBS宇垣美里アナ、フリー転身でグラビア待望論 ポジションを脅かされる「元局アナ」は...

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2019年2月5日に放送された「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)で堂々の退社宣言を発表した宇垣美里アナウンサー(27)。3月末の退社後については「オスカープロモーション」への所属が決定しているとの報道があるほか、視聴者の間ではテレビ各局での出演を期待する声が早くも上がっているなどその未来は明るそうだ。

   加え、男性視聴者の間では、宇垣アナに「グラビア活動」を期待する声も。グラビア活動を本格化させれば大きな反響を呼ぶこと必至だが、仮にそうなった場合、その煽りを大きく受けそうな元女子アナがいる。

  • 「TBSラジオ」公式サイトから
    「TBSラジオ」公式サイトから

日テレ退社から早9年

   今を遡ること9年。2010年2月に日本テレビを退社し、フリーに転身した脊山麻理子アナウンサー(38)。同局在籍時は朝のニュース番組「Oha!4」で退社4ヶ月前までレギュラーを務めるなどしていた人気アナのフリー転身とあって大注目されたが、その後の活動は必ずしも芳しいとは言えない状況が続いている。

   退社後は主に地上波キー局のバラエティー番組での活躍を期待された脊山アナだったが、日テレを離れた後は民放のBSや独立局での仕事がメインとなるも、2014年には相次いで地上波キー局のバラエティーに出演し、復調の兆しを見せた。

   しかし、同年12月に出演した「~悩める女を渡部プロが救済SP~」(日本テレビ系)で、「2015年に自分の仕事はあるのか」という悩みを解決するというテーマで出演したにもかかわらず、番組司会者のアンジャッシュ・渡部建さん(46)を押しのけてしゃべり続けるなどしたため、その態度が視聴者から大ブーイングを浴びてしまった。

   そして、翌年から目立つようになったのは、脊山アナのグラビア活動だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中