2019年 9月 15日 (日)

カフェ店員が「限定商品」を大量転売? 広がる憶測にタニタ子会社「不正行為は認められず」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   健康機器大手「タニタ」の子会社が開催する期間限定カフェで、店員が限定商品を転売したとの憶測がSNSで広まっている。

   同社はそうした声を踏まえ調査をしたが、現時点では確認できなかったという。

  • レア缶バッジ(タニタ子会社のツイッターより)
    レア缶バッジ(タニタ子会社のツイッターより)
  • オークションサイトに出品されているレア缶バッジ
    オークションサイトに出品されているレア缶バッジ

560円→1万円以上に

   タニタ子会社の「タニタヘルスリンク」では、人気男性声優のラップバトルプロジェクト「ヒプノシスマイク-Division Rap Battle-」(ヒプマイ)とコラボした「タニタカフェ」を、2019年1月31日~2月28日に新潟・長岡市で運営している。

   ネット上で騒動となっているのは、16種あるヒプマイの限定缶バッジ(税込560円)が店員によって転売されているとの情報が拡散されているためだ。「レア」扱いとなっている4種が、同一人物によってオークションサイトで大量に出品されていた。

   1回の会計で1人20個までしか購入できない点や、発送元が新潟だった点などから、カフェ関係者の出品とみる向きが広まっていた。

   J-CASTニュース編集部で2月4日に確認すると、オークションサイトで「レア缶バッジ」は1万円~1万6000円ほどで取引されていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中