2019年 3月 23日 (土)

陸自教官が隊員を平手打ち 理由が「女性の容姿を誹謗」に「男前やん」

印刷
142万人に支持されるダイエットプーアール茶が今なら980円で!

   自衛隊体育学校の50代の男性教官が、「女性隊員の容姿を誹謗した」として20代の男性隊員3人の顔を1回ずつ平手打ちしたことが分かり、減給の懲戒処分を受けた。

   これに対し、ネット上では、「処分は当然」との意見が出る一方で、「かっこいい人だな」「男前やん」などと擁護する声も出ている。

  • ランニング中などに罵っていた(写真はイメージ)
    ランニング中などに罵っていた(写真はイメージ)

「ブス!」「ブサイク~」とランニング中などに罵る

   「ブス!」「ブサイク~」。埼玉県内などの陸上自衛隊朝霞駐屯地内にある自衛隊体育学校の総務課によると、海上自衛隊の男性隊員3人は、20代の女性隊員と一緒にランニングの訓練をするなどしながら、こう罵り続けた。

   4人は、2017年10月から18年3月までの半年間、東京五輪を目指す陸上選手を選抜する集合訓練に参加していた。

   女性隊員への誹謗があったのは18年1月11日で、女性はすぐに1等陸尉の教官に申し出て、男性3人が指導で呼ばれた。教官は、学校の教室内で、3人の顔をそれぞれ1回平手打ちにした。

   この教官は、その日のうちに自らの暴力行為を上司に報告した。「自分の処分覚悟で、けじめをつけさせようとやった」といった内容を話しているという。

   体育学校では、問題の解決にならないとして、体罰や暴力は禁止している。19年2月12日、教官について、減給1か月の懲戒処分を行い、この日のうちに報道発表した。情状を酌量して、減給は30分の1に留めたという。

   処分が1年後になったのは、4人が選ばれずに原隊に戻ったため事情聴取に手間取ったことと、上級部隊が処分案件をたくさん抱えて時間がかかったからだと説明した。女性が選ばれなかったことは、誹謗の影響ではないとしている。

謝罪があったことなどから、3人は口頭注意に留める

   自衛隊体育学校の懲戒処分について、地元紙の埼玉新聞が2月12日にウェブ版でも報じると、ネット上で様々な意見が書き込まれた。

   教官の暴力行為に否定的な向きとしては、「殴る以外に幾らでも指導の方法はあった」「体罰はいけない」「処分は当然だし仕方ない」といった声が出た。

   一方で、正義感ある教官だと讃える声も多く、「誹謗された女性隊員は、救われた気持ちになったのでは」「女性隊員の事を誹謗する言動の方がどうかと思うけど」「処分覚悟で自己申告した 教官を応援したい」などと書き込まれている。

   また、男性隊員3人については、「容姿いじったらアカンやろ」「今まで何を学んできたんだ」「何らかの処分が必要だと思う」と厳しい意見が多い。

   体育学校の総務課では14日、J-CASTニュースの取材に対し、女性が教官の平手打ちについてどう思っているかは分からないと答えた。女性と男性3人は、いずれも知り合いではなく、誹謗した理由についても分からないという。

   3人は、女性に対し、「悪いことを言って、申し訳ない」などと謝罪し、女性も、謝罪を受けて、3人を許したという。体育学校では、謝罪があったことなどから処分はせず、口頭で注意するに留めたとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中