2019年 10月 21日 (月)

広島ファン「これは要らん」 「バスタブに入って野球観戦」席に不満のワケ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球の広島は2019年2月14日、ホームのマツダスタジアムに新たなシート「バスタベリア」を新設することを発表した。右中間にある「寝ソベリア」の上段に6席設置する予定で、湯が張られていないバスタブに入って観戦するもの。料金は2人1組7000円(税込み)となり、今シーズンからの設置となる。

   広島といえば、これまでにユニークな観戦方法をファンに提供してきた。無料で観戦できる「ただ見エリア」や寝そべっての観戦が可能な「寝ソベリア」など、ファンにより楽しく野球観戦してもらうために工夫を凝らしてきた。今回の「バスタベリア」は世界でも例を見ないほどの珍しい席種で、球団公式HPでは「球場にいながら、お風呂に入っているときのあの安心感に包まれた気分を味わえます」とアピールしている。

   広島ファンにとって、今シーズンの楽しみがまたひとつ増えた形となったが、ネット上の反応は、「バスタベリア」新設に否定的な意見が多く寄せられ、観客席に関する球団とファンとの「意識の差」が浮き彫りとなっている。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

「このファンとの意識の違いがヤバいんよね...」

   ネットでは、多くの広島ファンが話題性のある数少ないシートよりも、より多くのファンが観戦出来るよう内外野のシートを増やすことが先決との意見が殺到している。

「このファンとの意識の違いがヤバいんよね、今ファンはそんなのを望んでいない。」
「話題になるネタ席も良いが、いい加減、本気で座席数を大幅に増やすことを検討してほしい。」
「こんな効率の悪いネタだけの席作るより、座席増やしたり、内野自由席を全席指定にする方が先でしょうが...」
「カープファンやが、これは要らんやろ。それよりは外野席もっと増やせよ。」

   ファンが新席に批判を向けるのは、入手困難な入場券問題に起因している。マツダスタジアムでの観戦を望むファンにとって入場券問題は切実なもの。2月8日にファン倶楽部限定の入場券先行販売が開始されたが、ネットでは入場券を入手出来なかったファンの悲鳴がこだましている。

「基本的に改善しなければならない部分が有ると思うが...。」

   広島は今シーズンから一般向けの入場券の販売方法を変更し、従来の先着順から抽選方式を行う。入場券購入希望者に事前に抽選権を配布して、当選者のみが購入できるシステムで3月1日、2日の両日にマツダスタジアムの球場窓口で販売される。入場券の購入は1人につき5試合までとの条件が付く一方で、購入枚数は制限されておらず、ファンから問題視する声も。

「ファンが望んでいるのは奇抜な企画やグッズなどではなく、まともなチケットの販売方法や座席を増やすことでは?」
「ここ二年、全くチケットとれてないので、変わった席を増やすよりも目の前の問題の対策をしてもらいたいな。」
「ここまでやるかぁ、チケットの入手は困難、グッズも納期が遅い...、基本的に改善しなければならない部分が有ると思うが...。」

   ユニークな発想でファンに向けて様々な「楽しみ」を提供している広島。球団のファンサービスが評価される一方で、観客席の新設や入場券購入法に関して球団とファンとの間に「温度差」があるようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中