2019年 10月 21日 (月)

張本勲、関口宏に喝! 「あっぱれ」強要に「やめてくださいよ」

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   「あっぱれ」の押し付けはやめて――! 2019年2月17日放送の「サンデーモーニング」(TBS系)で、司会の関口宏さん(75)と張本勲さん(78)が、ちょっとしたバトルを繰り広げた。

   この日の張本さんは、スポーツ選手の活躍にも中々「あっぱれ」を出さず。これに業を煮やしたのか、関口さんは「あっぱれ?」「ハリさんは(出さないの)?」などと促していたのだが......。

  • 張本勲さん
    張本勲さん

「『あっぱれ』は、私が言います」

   バトルの伏線となったのは、スポーツクライミングのジャパンカップで、野中生萌(みほう)選手が優勝したという話題に、張本さんが「あっぱれ」を出さなかったことだ。これに関口さんは、どこか促すような調子で、

「あっぱれ?」

と問いかける。だが張本さんは「まだ、あっぱれはあげられないでしょう」と素っ気なく返し、関口さんは「厳しいなあ...」とぼやく。

   そして、スタジオの話題は移る。ノルディックスキーW杯のジャンプ女子で、高梨沙羅選手が今季初優勝を飾ったというニュースだ。これに御意見番として番組に出演していた元阪神の掛布雅之さんが「あっぱれ」を出す。

   すると関口さん、スタジオのボードにシールを貼りながら、

「やっと、やっと『あっぱれ』が付きましたね」

と一言。さらに、張本さんの方を指さしながら「ハリさんは(出さないの)?」と問いかけた。

   こうした態度が、張本さんに火を付けたよう。「もちろん、あっぱれでしょう」と応じつつも、どこか不機嫌そうな様子で、

「あまりけしかけないでよ。『あっぱれ』は、私が言いますから」

とクギを刺したのだ。

「いやいや、やめてくださいよ」

   あっぱれの押し付けを拒む張本さんに対し、関口さんは「ええっ!?(張本さんが『あっぱれ』と)言わないと、私が言わなくちゃいけないでしょ」と反撃。これにも張本さんは、

「いやいや、やめてくださいよ。けしかけないで」

と改めて苦言を呈した。

   こうした2人の小競り合いに、掛布さんらスタジオ出演者からは大きな笑いが。視聴者からもツイッターやネット掲示板に、「(関口さんが)怒られたw」「なんやこれwwwちょっと面白かった」といった反応が出ていた。

   ちなみに、2人の口論はこれ以上発展せず、そのまま次の話題に。だがその後、スノーボードW杯ハーフパイプで戸塚優斗選手が優勝したというニュースが出ると、張本さんはVTRが終わるやいなや、

「あっぱれだ!」

と大声で宣言。こちらは、関口さんが口を挟む間もないほどの早業だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中