2019年 10月 19日 (土)

「そのような大事なものとは...」 出品者も驚いた「壬申戸籍」流出の不思議

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   身分や犯罪歴なども記され、現在は閲覧できない明治時代の「壬申(じんしん)戸籍」が「ヤフオク!」のサイト上に出品され、どこにあったものなのかと関心を集めている。

   この出品は、結局落札が取り消され、法務省側が回収した。なぜ閲覧禁止のものが出回っていたのか、法務省に聞いた。

  • 現代の戸籍とは違って…(写真はイメージ)
    現代の戸籍とは違って…(写真はイメージ)

現在は子孫、職員も閲覧不可能

   「明治十六年十二月改」。出品された壬申戸籍は、表紙にこう書かれ、厚さは数センチもある冊子だった。静岡県浜松市辺りの戸籍という。

   壬申戸籍は、1872年(明治5年)から作られた日本初の全国的戸籍で、「平民」「士族」といった身分のほか、犯罪歴、職業なども記されていた。被差別部落出身者を指すともみられている「新平民」という記載のあるケースもあった。

   法務省では、差別につながるなどとして、1968年(昭和43年)に各市町村に閲覧禁止を通達した。現在は、将来の学術に資するためもあって、地方法務局などで包装・封印したうえで保管されている。戸籍に載った人物の子孫ばかりでなく、職員も見ることはできないという。

   それが、ヤフオクで2019年1月31日に「明治戸籍」として出品されていたことが分かった。珍しいものだけに関心を呼んで、その後に90件以上も入札があり、2月7日に13万3000円で落札された。

   ヤフーの広報室にJ-CASTニュースが18日に聞いたところによると、ヤフーでは、規約に照らして不適当な出品だと判断し、翌8日に落札を取り消した。その後、壬申戸籍が手もとに残っては解決にならないと判断し、法務省側に回収を提案した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中