2020年 9月 26日 (土)

大坂の初戦敗退はコーチとの決別が影響? 専門家が指摘する「無意識」な部分

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   テニスのドバイ選手権が2019年2月19日(日本時間20日)、UAE・ドバイで行われ、世界ランク1位の大坂なおみ(21)=日清食品=が、シングルス2回戦で世界67位クリスティナ・ムラデノビッチ(25)=フランス=に3-6、3-6でストレート負けを喫した。今年1月の全豪V以来の試合でまさかの初戦敗退にテニス界に衝撃が走った。

   大坂は2月12日に突如、サーシャ・バイン氏(34)とのコーチ契約の解消を発表。今大会は専属コーチ不在で臨んだが、周囲の不安そのままに初戦敗退となった。バイン氏との決別は大坂にどのような影響を及ぼしたのか。J-CASTニュースは、プロテニスプレイヤーのメンタルトレーナーを務める「IMTメンタルオフィス」(東京・千代田区)の阿部久美子氏に見解を聞いた。

  • 大坂なおみ(2018年9月撮影)
    大坂なおみ(2018年9月撮影)
  • 大坂なおみ(2018年9月撮影)

大坂の敗因を専門家が分析すると...

   今大会の大坂はイージーミスが目立ち、全般的に集中力を欠いた。序盤は感情を表面に出す場面があまり見られず、一見、平常心を保っているようにも見えたが、試合が進むにつれメンタル面の弱さが徐々に顔をのぞかせた。第2ゲームにはバックをミスした際、コートに座り込み、サンバイザーで顔を覆う場面も。結局、7つのブレークを許しての完敗で、女王らしいテニスは最後まで見られなかった。

   大坂の初戦敗退について、阿部氏は「テニスはパーソナルコーチが帯同してツアーを回る競技です。信頼していた人がいなくなった後、選手は無意識なところで安心感を喪失することがあります。これが今回の敗因のひとつだと考えられます」と指摘する。

   また、阿部氏はバイン氏との「別れ方」も試合に影響を及ぼすとの見解を示す。今回のコーチ解約に関して大坂は金銭的なトラブルを一切否定しており、「成功より、自分が幸せでいることが大事だった」と説明している。一方のバイン氏は2人の関係については深く踏み込むことなく、自身のツイッターで大坂への感謝の言葉を綴っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中