2019年 11月 14日 (木)

香取慎吾と「実写化」の深すぎる縁 「孫悟空」役はありうるか?

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   漫画「ドラゴンボール」についてのネット上でのアンケートが話題だ。ネット投票サイト「ランキングー!」は2019年2月6日、「ドラゴンボールを実写化するなら悟空はこの人!」というテーマで行ったアンケートの結果を発表する記事を配信。それによると、同アンケートで1位に輝いたのは元SMAPの香取慎吾さん(42)だった。

   同サイトを見ると、香取さんに投票したユーザーから寄せられた意見が掲載されている。それによると、

「無邪気で、わんぱく、天真爛漫な印象があるから」
「イケメン過ぎてもイメージと違うと思うので、元気なイメージの香取さんなら似合いそう」
「西遊記でも悟空を演じた慎吾くん、ドラゴンボールでも見てみたいですね」

と、香取さんの人柄やこれまでの役どころを投票の理由としたユーザーの意見が紹介されている。なお、同アンケートは10位までが発表されており、次点となる2位は俳優の菅田将暉さん(25)だった。

  • 香取慎吾さん
    香取慎吾さん

ハットリくんから両津勘吉まで

   栄えある1位に輝いた香取さんだが、その芸能活動を振り返ってみると、これまでにも映画「NIN×NIN 忍者ハットリくん THE MOVIE」(2004年)や、ドラマ「こちら葛飾区亀有公園前派出所」(2009年・TBS系)、また、同ドラマの映画版である「こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE ?勝鬨橋を封鎖せよ!?(2011年)」と、複数の実写化作品を経験していることが分かる。そもそもキャリア最初期に出演した映画からして、SMAP全員がそろいぶみした人気漫画の実写化作品「シュート!」(1994年)だ。

   この点を考えると、今回のアンケートで香取さんが1位に輝いたのは、「アニメの実写化の際に、ほかの芸能人に比べて何らかの優位性がある」と、アンケートの回答者に判断された可能性が浮上するのではないだろうか。

   そこで、香取さんの実写化における優位性を考えてみよう。真っ先に思いつくのは、前述のアンケートでも指摘されていていた「無邪気で、わんぱく、天真爛漫な印象」「元気なイメージ」がアニメキャラを演じる際に有利なのではないかという点だ。実際に、香取さんが今まで演じてきた実写化映画のキャラクターは、「ハットリくん」「両津勘吉」であり、元気さが売りのキャラだ。また、今回のアンケートの主題も「ドラゴンボールの孫悟空」であり、やはり、元気さが必要なキャラだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中