2020年 10月 26日 (月)

ダムカレー協会「カチンと来ます」 ネットの「ダムカレーは不謹慎」記事に反論

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

協会のツイートには賛同ツイートが

   この記事に対し、日本ダムカレー協会が21日11時40分ごろ、ツイッターを更新し、

「多くのダムカレーは、過疎化に悩むダム水源地の方々が考えだしたものです。ダムカレーで、少しでも活気が取り戻せたらという気持ちから誕生しています」

と発言。投稿には「不謹慎とかあり得ない。下らない意見に耳を貸す必要ないですよ」「ダムカレーは悪くないと思う!!」など賛同を示すリプライが相次いだ。

   J-CASTニュース編集部では22日、日本ダムカレー協会を主宰する宮島咲さんに電話取材した。

   宮島さんは東京都墨田区の料亭「割烹三州家(かっぽうさんしゅうや)」の「ダム事業部長」として、ダムカレーの調理などをしている。2007年に宮島さんの店のダムカレーがテレビで取り上げられたのを契機に、ダム周辺にあるレストランの関係者が「やってみよう」と始め、全国的に増え始めていったという。

   宮島さんは記事を発見した経緯について、「ダムカレー協会の者として、毎日ネットであふれかえる『ダムカレー』という言葉をチェックしており、21日朝に発見した」と明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中