2019年 11月 18日 (月)

坂口杏里「弱いな、自分って」 骨折ツイートに、ファン「意味深」な解釈

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で
「インスタグラムに今の気持ちを書いてみました」

   元タレントの坂口杏里さん(27)が2019年2月22日、ぽつりとこんなツイートをした。実は坂口さんはその2時間前にも「弱いな、自分って改めて思った」と意味深なつぶやきを発しており、「ちゃんと...相談できる人はいるの?」、「頑張れ」といった心配の声が寄せられていた。

  • 右手の薬指と小指を骨折した坂口杏里さん(画像は坂口さんのツイッターから)
    右手の薬指と小指を骨折した坂口杏里さん(画像は坂口さんのツイッターから)

「もっと強くならなきゃ」と覚悟語る

「今日は早朝から今さっきまで術前検査、入院、ポッキリ曲がった骨を応急処置で真っ直ぐにしてきました」

   坂口さんはインスタグラムでこのように説明し、包帯でぐるぐる巻きになった手の写真を投稿している。実は坂口さんは2月19日、ドアに指をはさんで右手の薬指と小指の骨を折り、手術と入院が必要な状態になっているとツイッターで報告していた。その治療のために病院を訪れ、見聞きした事柄について、

「何千分かの1人は命にかかる手術らしく、どういった手術をするのか聞いただけでわめくほど泣き、オペ室で仮で骨を応急処置で真っ直ぐにするオペでも、痛いし怖いし泣き叫び、でも帰りに色んな患者さん、足にギブスつけてたり、手に同じようにギブスつけて包帯でぐるぐるだったり車椅子だったり」

と説明。「わたしなんかよりたくさん、数えきれないほどの、もっともっと辛い治療をしている方々がたくさんいる」、「もっと強くならなきゃ」とつづった。

「小峠に迷惑かけたことへの自己嫌悪かと思った」

   結局、坂口さんの「弱いな、自分って改めて思った」というツイートは指の怪我に関する事柄だったようだ。しかし「インスタグラムに今の気持ちを書いてみました」という投稿のリプライ(返信)欄を見ると

「今回の暴露で小峠に迷惑かけたことへの自己嫌悪かと思ったら」
「元彼さんはあなたの事を聞かれても一度も悪く言ってないよ」
「ここで『なんて日だ!』って言えたら好感度爆上げやで!」

と、坂口さんの元交際相手でお笑いコンビ「バイきんぐ」の小峠英二さんの名前や、持ちネタの書き込みがいくつかある。

   その理由はこうだ。小峠さんは2月20日に行われた「RIZAP」の新CM発表会見に登場した。複数メディアによると、芸能界復帰を目指す坂口さんについてメディアから質問され、小峠さんは「頑張ればいいんじゃないですか」とコメント。すると、この「エール」をニュースで目にしたと思われる坂口さんは21日、ツイッターで「こんな骨折、手術、入院、でメンタル弱ってる時に元カノにエールとかなんか」と怒り、

「墓場まで持って行くつもりでしたが、この何年もネタにされ、堪忍袋の尾が切れました。今のこのメンタルで、昨日もマスコミたちに対応したから言いますが、彼は付き合っていた頃、女を家に入れて浮気してました」

と投稿したところ、坂口さんへの批判が多数書き込まれた。こういった背景があったため、坂口さんの意味深ツイートを前述のように「小峠さんに対する自己嫌悪ではないか」と解釈したユーザーがいたようだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中