2019年 4月 23日 (火)

ANA副操縦士からアルコール反応 神戸―羽田便に遅れ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   全日本空輸(全日空)は2019年2月22日、19日の神戸発羽田行きのANA412便(7時5分発)に搭乗予定だった30代の副操縦士から乗務前検査でアルコール反応が検出され、急遽乗務員を交代したため当該便に遅れが生じたと発表した。

   各メディアが報じたところによると、副操縦士は当日の1時頃まで滞在先のホテルで缶ビールや缶チューハイを飲んでいたという。全日空は「乗務員の飲酒に関し厳格な対応が求められている中、このような事象を引き起こしましたことを大変重く受け止めております」としている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中