2019年 3月 23日 (土)

北海道胆振地方で最大震度6弱 9月の地震と関連か

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   北海道の胆振地方中東部で2019年2月21日21時22分ごろ、マグニチュード5.8の地震が起きた。震源の深さは33キロで、厚真町で震度6弱、安平町、むかわ町で震度5強を記録した。気象庁によると、今回の地震は18年9月に発生した「平成30年北海道胆振東部地震」の一連の活動と考えられるという。

   北海道庁が発表した22日16時30分現在の被害状況によると、軽傷者が5人、住家の一部損壊が1軒、非住家の一部損壊が2軒。JR北海道は58本が運休(23日から通常運行の見通し)、水道は厚真町の74戸に影響が出ている。

   なお、泊原子力発電所(泊村)はプラント、モニタリングポストのいずれも異常なし。9月の地震では全道規模の停電が起きた、苫東厚真火力発電所(厚真町)なども、すべての施設に異常がないという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中