2019年 10月 20日 (日)

広島の球団に「交通費請求できる?」 抽選券「大混乱」で弁護士に聞いた

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   プロ野球の広島カープの抽選券問題が波紋を広げている。広島は2019年2月25日、今シーズンの公式入場券販売抽選券を本拠地のマツダスタジアムで配布。当日は球団の想定をはるかに上回る約5万人が殺到し、パトカーが出動するなどスタジアム周辺は大混乱に陥った。球団は緊急措置として抽選権の配布の途中打ち切りを決行。1万人近くのファンが抽選券を受け取ることが出来ない事態となった。

   球団は25日に公式ホームページで「2019年度 公式戦入場券販売整理券の抽選配布終了のお知らせ」と題して「本日マツダ スタジアムにて行っておりました、公式戦入場券販売整理券の抽選配布は終了いたしました。ご了承くださいますようお願いいたします。」と声明を発表。さらに翌26日には「2019年度 公式戦入場券販売に伴う抽選券配布についてのお詫び」との題で、配布の打ち切りの経緯を説明した上でファンに謝罪した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

広島が事前にアナウンスした抽選券配布条件とは

   今回の騒動の大きな要因は、抽選券配布にあたって球団が当初公表した条件との相違にある。球団は1月29日に公式ホームページで抽選券配布について以下のようにアナウンスしている。

■抽選券配布日時
2月25日(月) 午前11:00(予定)~
※午前11:00までにご来場されたお客様に抽選券を配布いたします。
※抽選券は2100名を超えても、ご来場されたすべてのお客様に配布します。
※配布開始時間は当日の状況により早める場合がございます。
※上記期間以外での配布はいたしません。

   球団の発表によると、2月25日午前11時までに来場したすべての人に抽選券を配布するとしている。入場券は3月1日(800人)と2日(300人)にわたって販売され、抽選に当選した計2100人を対象に販売される予定だが、抽選券の配布にあたり、2100人を超えた場合でも午前11時までに来場すれば配布すると公式発表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中