2019年 11月 14日 (木)

フィフィの「蓮舫氏の事実誤認」は、なぜ拡散した? リツイートした人に理由を聞くと...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   タレントのフィフィさんが、ツイッターで立憲民主党の蓮舫参院議員が「児童虐待防止法改正に反対した」などと誤った情報を投稿し、拡散されたことが話題になった。

   誤った情報を広めないようにするには、どうしたらよいのだろうか。J-CASTニュースでは、フィフィさんのツイートをリツイートした人や、メディアの専門家に話を聞き、今回の問題について改めて考えてみた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

1万7000以上リツイートされた投稿

   発端は、2019年2月17日夜の投稿。千葉県野田市の女児が死亡し、両親が傷害容疑で逮捕された事件をめぐり、フィフィさんは、

「私は問いたい、なぜ平成16年の警察の積極的介入を盛り込んだ児童虐待防止法改正に反対した蓮舫氏が、今回の虐待死の件で現政権を責めることが出来るのか、私はその真意を問いたい。あなたは本当に国民の側に向いているのですか?それ以前に同じ親の立場として問いたい、なぜあの時反対したのですか?」

と発言した。

   その後、蓮舫氏は、04年の初当選以来、児童虐待をなくすための活動に尽力してきたとツイッターで指摘。児童福祉法改正案では本会議質問を行い、「この法案は委員会も本会議も全会一致で賛成されました」などと説明した。なお蓮舫氏が参院選で初当選したのは04年7月11日で、改正児童虐待防止法が成立した時点(04年4月)では国会議員ではなかった。その後、フィフィさんは投稿を削除し、ツイッター上でお詫びを出した。

   投稿はJ-CASTニュース編集部が確認しているだけでも、削除までに1万7000以上リツイートされた。

   なぜ、ユーザーは誤った情報を拡散させてしまったのだろうか。編集部では、ツイッター上でリツイートへの反省や謝罪を表明していた数人に取材を申し込んだ。このうち、主な2人のコメントを紹介する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中