2020年 9月 21日 (月)

ピッチャーの職業病「肩の故障」とは何なのか 元選手の体験から見るその「症状」

どうする老後2000万円問題!?マンション投資で備える老後資金!

   プロ野球の春季キャンプで大きな話題を呼んだのが、中日・松坂大輔投手(38)の右肩故障問題だ。球団によると、松坂がキャンプ中にファンと接触した際に、ファンに右腕を引っ張られ右肩に違和感を覚えキャンプを離脱。その後の検診では「右肩の炎症」と診断され、復帰のメドが立っていない。

   松坂の右肩負傷を報じた各スポーツ紙には「右肩故障」の見出しが躍った。プロ野球の投手が右肩を負傷した際によく見られるものだが、ひとえに「右肩故障」といっても一般の人にとって、これがどのような状態を指すのか分かりづらいかもしれない。J-CASTニュースは、肩を痛めて野手に転向した元プロ野球選手の体験をもとに野球選手の肩の故障に迫ってみた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

多くは「インナーマッスル」の炎症

   野球の投手が肩を故障したとされる多くのケースが、肩の内側筋肉の炎症である。過度の投げ込みや連投、投球フォームの乱れなどからインナーマッスルが炎症を起こすことで肩に痛みが走り、併せて関節などに違和感を覚える。重症となれば、腕が肩よりも高く上がらず、短い距離の投球でさえ困難となり、最悪、投手生命を奪いかねないものとなる。

   今回の松坂のケースも同様で、ファンに右腕を引っ張られた際に右肩が炎症を起こしたとみられる。松坂はソフトバンク時代の2017年に右肩の肉離れによる右肩痛で投球出来ない状態が続いていた。2017年オフに右肩を治療し、投球可能な状態まで回復したが、ファンとの接触で右肩に思わぬ衝撃を受けたことで、インナーマッスルが炎症し、右肩痛が再発したとみられる。

   鹿児島実業高のエースとして1996年の第68回選抜高等学校野球大会で優勝し、横浜ベイスターズ(現DeNA)で活躍した下窪陽介氏(40)は、右肩の故障で大学3年時に野手に転向した経験を持つ。下窪氏のケースは、96年の夏の甲子園大会出場を決めた県予選で右肩を剥離骨折し、大学進学後は右肩の炎症に悩まされたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中