2019年 11月 12日 (火)

「ストライクウィッチーズ」騒動にヒロミ「ズボンだってのはちょっとな」 一方久代アナは「何も不快には...」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   2019年3月3日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、防衛省自衛隊滋賀地方協力本部(大津市)が作成した自衛官募集のポスターが「セクハラ」であるとして撤去された問題が取り上げられた。

   同ポスターはアニメ「ストライクウィッチーズ」に登場する3人の女性キャラクターをビジュアルに起用。その画像が「下着が見えている」と指摘を受けた。その部分は作中では「ズボン」と設定されており、「パンツじゃないから恥ずかしくないもん!」という作品コピーも存在するなど、ある種の「お約束」となっているが、受け入れられなかった格好。この日放送の「ワイドナショー」では、同ポスターについて、出演者たちが自らの考えを述べるなどした。

  • ワイドナショーに出演する松本人志さん(2016年撮影)
    ワイドナショーに出演する松本人志さん(2016年撮影)

松本人志「レーダー照射しているのかなって」

   番組では事の顛末をVTRで解説。苦情の殺到を受けポスターが撤去されたことなどについての説明が終わると、落語家の立川志らくさん(55)は、「元から入りたいという人は別だが、このポスターを見て『よし、自衛隊に入ろう』とは思わないですよ、普通」と指摘した。

   これに続く形で、ダウンタウンの松本人志さん(55)は、

「僕はもともと、このキャラがあるとは思わなかったんですよ。いきなりこのデザインっていうか......だから、レーダー照射しているのかなって。まあ知らん人は知らんもんね」

   とボケを交えつつ突っ込んだ。ポスターの中の女性キャラ3人は共に、見る者に向けて人差し指を立てたり、親指と人差し指で輪を作るなどのハンドサインをしているため、そこを狙ってのツッコミだったようだ。また、東野幸治さん(51)が各防衛省自衛隊滋賀地方協力本部の話として、「指摘の着衣は下着ではなくズボンだという設定」との説明を読み上げると、ヒロミさん(54)は「ズボンだってのはちょっとな」と、無理があるのではとの指摘を行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中