2019年 10月 21日 (月)

「R-1観客の悲鳴がうるさい!」とネットで不評 松本人志も意味深ツイート

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   2019年3月10日放送の「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)の放送について、「観客の悲鳴がうるさい」との視聴者からの声が多数ネット上に上がっている。

   放送開始直後、1番手として登場した「チョコレートプラネット」の松尾駿さん(36)は十八番とするIKKOさんのモノマネで登場。いつも通りのクオリティーでIKKOさんのモノマネをしつつ、一休さんの逸話を元にしたコントを披露したが、湧き上がる笑い声の中に、明らかにキーが高すぎる悲鳴のような声がわずかながら混ざっていた。

  • 「R-1ぐらんぷり」公式サイトから
    「R-1ぐらんぷり」公式サイトから

「悲鳴で面白さ半減」

   5番目に登場した、おいでやす小田さん(40)は、豪邸で暮らすお金持ちが抱える苦悩をコミカルに描いたコントを披露。「モデルの嫁が作る朝食がスムージーばかりで嫌や!」など、お金持ちにありそうなシチュエーションを体をのけぞらせながら表現したが、小田さんが体をのけぞらせる度に、観客席からは「アヒャヒャヒャ!」といった悲鳴にも似た笑い声が噴出。松尾さんの時よりもはっきりと聞こえるようになった雑音に対し、ネット上には視聴者からの「悲鳴上げる客ってなんなんやろ、、本当にお笑いが好きで笑いの見方とか分かっとるんかな」といった苦言が目立つようになった。

   そして、雑音の大きさが頂点に達したのが、予選の最後となる12番目に登場した岡野陽一さん(37)の時。岡野さんは鶏肉のかけらを風船の浮力によって宙に浮かせるというシュールなネタを披露して観客の大爆笑をかっさらったが、ネタ中には「鶏肉をもう1度大空に飛ばしてやるんだ」「(肉が)『飛びてえ飛びてえ』言ってるぞ!」などのセリフがあるなどややサイコなテイストだったためか、笑い声の中には「ヒャー!」「ヒェー!」など、多数の悲鳴が含まれていた。

   このため、視聴者からは、「岡野さんのネタ面白かったのに悲鳴で面白さ半減した感じがして少し残念でした...」といった苦言が続々。また、予選終了後にCMに入った20時32分には、歌手のきゃりーぱみゅぱみゅさん(26)がツイッターで、「お笑い番組で悲鳴ださないでほしいなあ」と、R-1を指しているとみられるツイートを行い、「俺もそう思ってググったら、みんなそうみたい」などの声が寄せられる事態となった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中