2019年 3月 26日 (火)

先行き不透明の今こそ 株投資家が始めるコツコツFX

印刷

   2018年の株式相場は、日経平均株価が10月に27年ぶりの高値をつけたと思ったら、米国株の急落で年末には失速。年が明けて2019年になると、国内外の株式市場は反発したものの、今後の展開には不安を残した。

   視界不良の相場では株投資家は、思い切った手を打ちづらい。こんなときには他の金融商品で投資の「軸」をつくれるといいが、「債券や投資信託などでは物足りない」という人もいるだろう。

   「分散投資」や「リスクヘッジ」の意味合いもあってか、最近はFXに興味を示す株投資家が多いらしい。株投資家が関心を寄せているのは、どのようなFXなのか、話を聞いた。

分散投資に期待 株投資家が興味を示す「トライオートFX」


インヴァスト証券マーケティング部の木下加菜さん

   トヨタ自動車、ソニー、パナソニック...... 東京証券取引所に上場する大手企業にとって、外国為替市場の動向は業績を大きく左右する。上場企業のうち、貿易にかかわらない企業はないといっても過言ではないほどで、そうなると企業はもちろん、株投資家としても為替相場におのずと目が向くはず。 たとえば株式相場の雲行きが怪しいとき、為替相場が変調を来していることが散見される。為替相場、つまりFXのことが気になっている株投資家は少なくないはずだ。

   そうしたなか、「トライオートFX」への注目度が高まっている。その理由をインヴァスト証券がこう解説する。

「資産運用に関する大きなイベントで当社のブースを出展した際、『トライオートFX』について、多くの株投資家の方からご興味をもっていただけました」

   「トライオートFX」は自動売買というサービスで、自分で取引は行わず、プログラムが注文の発注、取引をすべて行ってくれる。「ハイリスク・ハイリターン」のイメージがあるFXだけに、株投資家の中には手を出さない人も多くいるが、なぜインヴァスト証券の「トライオートFX」は、株投資家に注目を集めたのだろうか――。

「株式投資においても、株主優待目的とテンバガー(大化け株)狙いの取引がまったく異なるように、FXでも大きな利益を狙う取引と小さく細かく利益を積み重ねる取引があります。『トライオートFX』は、一般的なFXとは異なり、自動でコツコツ利益を狙うものなので、株取引とは別のポートフォリオのひとつとして活用できるとお考えいただけたのではと思います」

   FXで取引する通貨の中には、株式相場とまったく異なる値動きをするものがあるため、「分散投資」のように利用することもできるかもしれない。

   株の銘柄を複数保有し、リスクや投資効率を分散することは、銘柄選びの経験や知識が深くなければ難しい。それならばいっそのこと、別市場に投資することを選択肢として考えてもいいはずだ。

いよいよスタート 自動売買を選んで「買い物かご」へポン!

   自動売買でコツコツ利益を積み重ねる「トライオートFX」は、簡単で手間いらずという点に限らず、FXの特徴を捉えたコンセプトが株投資家にもササっているようだ。

   為替相場は、長期的には『株よりも上昇・下落の幅が小さく、一定の価格帯に収まる通貨が多い』という特徴がある。


FXも「買い物かご」へポン!の時代に(画像はイメージ)
「『トライオートFX』は、為替相場が一定の値幅で動く仕組みを狙い、細かく売買を行うというシンプルな設計です。一般的なFXより、リスクとリターンを把握しやすいので、お客様のご理解も早いと思います」

   通貨の騰落率は、5年などの長期で見ると、2倍・3倍となることも見受けられる株価よりも比較的小さい。2013年前後のアベノミクス相場で円安になった2012年10月~2015年12月までの最高値と最安値の値幅は約48円で、上昇率は60%程度。2016年以降のドル/円相場はおよそ1ドル100~120円で推移している。

   為替市場の特徴を利用し、自動で細かく売買してくれる「トライオートFX」は、取引を始めるまでに面倒な設定がいらないのがメリット。

「トライオートFXには自動売買セレクトというツールがあり、あらかじめ設定したプログラムを用意しています。当社が長年培ってきた自動売買のノウハウをもとに買い注文と売り注文を細かく組み合わせたものです。手動では実現が難しい細かい取引が可能になっています。
   初心者の方にもわかりやすく使っていただくため、プログラムをランキング形式にしてお選びいただきやすくすることを優先しました。一覧から設定を選べば、後の取引はお任せで、空いた時間に成績などをチェックいただくだけです」

   下記が「自動売買セレクト」の画面。一覧から稼働させたい設定を選んで、「買い物かご(カート)」に入れる。カートの中身を見ると、取引数量を調整でき、必要な資金目安も表示される。


自動売買セレクトの初期画面
※画像は3月8日時点のもの。収益率は将来の収益を約束するものではありません。

自動売買セレクトの「カート」画面。一覧からカートに入れれば、細かい設定は収益グラフを見ながら直感的に調整できる
※画像は3月8日時点のもの。収益率は将来の収益を約束するものではありません。
【トライオートFX自動売買セレクトのまとめ】
◆一定の価格帯に収まる通貨が多い、という為替相場の特徴を活かしたプログラム。
◆自動売買セレクトに注文設定が用意されているので、一覧から選ぶだけで設定完了。
◆自動売買で細かく取引してくれるので、手動で買い・売りを注文する必要はない。
◆自分の投資スタイルに合わせて注文設定をカスタマイズして利用することが可能。

ここに注目! トライオートFXを始める前の3つのアドバイス

   画面を見てのとおり、トライオートFXは「自動売買セレクト」からショッピング感覚で取引方法をカートに入れ、最後に微調整するという、初心者にも簡単な操作で始められる。簡単すぎて、ついうっかりということがないように、始める前の注意点も聞いた。

「トライオートFXの『自動売買セレクト』は3つの点に注目してほしいです。1つ目は『通貨ペア』です。円関連の通貨は似た値動きをするので、注意していただきたいです」

   クロス円取引といわれる、ユーロ/円やポンド/円といった「○○/円」という通貨ペアは親しみやすさという点で、日本人がよく取引するとされるが、上昇と下落が似たタイミングで起きやすい。たとえば、トライオートFXの「自動売買セレクト」で人気の「豪ドル/NZドル」は海外の通貨同士のペアなので、円関連とも値動きが異なり、投資効果の分散にはなるだろう。

「2つ目はレンジ幅です。『トライオートFX』はレンジ幅の狭い通貨のほうが必要な資金も少なくなります。英国のEU離脱騒動にあるポンド/円は上昇と下落の幅が広く、こういった通貨ペアは必要な資金も多くなります」

   具体的には、2014年1月~2018年12月までの約5年間を月足をもとにレンジ幅をみると、自動売買セレクトで人気の豪ドル/NZドルは、レンジ幅が約1400pipsで、ドル円のレンジ幅は約2690pips、ポンド円は約7110pipsだった。

   今後も同じ程度のレンジ幅で推移するとは限らないが、変動幅が低い通貨ペアは期間のレンジ幅も狭い傾向にあることがわかる。どの通貨を選択するかの参考になるだろう。

「3つ目はリスクです。『トライオートFX』は時間をかけて、コツコツ収益を積み重ねるモデルです。スタート当初から評価損を抱えながら、蓄積した収益が評価損を超えることで全体の収益を伸ばしていく設計になっていますので、長期で運用いただきたいです。
   また、設定されたレンジ幅から外れると評価損が大きくなりますので、運用資金や注文状況など定期的にチェックいただいたほうがいいです」

   過去のレンジ幅は、あくまで過去なので、それを超えてしまったときも想定すべき。リターンを意識しすぎて、ギリギリの資金で取引しては、「トライオートFX」のよさを十分に引き出せない可能性もあるので、注意したい。

   株式市場が停滞ぎみのときに、為替相場でコツコツ利益を積み重ねてくれる「トライオートFX」があれば、資産運用をさらに効率よくしてくれるだろう。株式や債券などとは別に、ポートフォリオに「トライオートFX」という投資サービスを検討してみてはどうか。

【リスク・費用などについての重要事項】 本取引は、取引通貨の価格および金利等の変動により損失が生ずるおそれがあります。また、スワップポイントが受取りから支払いに転じることもあります。当社は、有効比率が一定水準以下となった場合、全建玉を自動的に強制決済(ロスカット)いたしますが、本取引は、預託すべき証拠金額以上の取引が可能なため、急激な相場の変動等によっては、証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがあります。
  • 売買手数料は、新規注文・決済注文ともに無料です。
  • 本取引は、通貨ペアの売付けの価格と買付けの価格に差(スプレッド)があり、相場急変時等はスプレッドが拡大する場合があります。●証拠金は、1万通貨あたり想定元本の円換算額の4%以上で、証拠金の最大25倍までお取引が可能です。(法人は各通貨ペアの毎営業日の終値に対し為替リスク想定比率を加味した金額(円換算額)が適用されます。)
  • 本取引は、元本および収益が保証された取引ではありません。お取引にあたっては、お客様ご自身の責任と判断でお取引していただきますようお願いいたします。
  • トライオートFXのリスク・重要事項については、当社ホームページを必ずご覧ください。
    https://www.invast.jp/triauto/service/risk
【商号/登録番号】

インヴァスト証券株式会社 〒105-0003 東京都港区西新橋1-6-21
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第26号

【加入協会】

一般社団法人金融先物取引業協会 一般社団法人日本投資顧問業協会 日本証券業協会

姉妹サイト
    loading...
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック