2019年 4月 24日 (水)

内田裕也さん死去、3か月前の「最期の仕事」 記者が見たロックンローラーの生きざま

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   ロックミュージシャンの内田裕也さんが2019年3月17日、肺炎のため亡くなった。79歳だった。各メディアが報じている。

   生前最後の公の場となったのは18年12月31日から19年1月1日にかけて、東京・博品館劇場で行われた年越しライブ「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」だった。ここ数年、ライブを訪れてきた記者が、往時を振り返る。

  • NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVALのステージ(2018年12月31日撮影)
    NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVALのステージ(2018年12月31日撮影)

46回開催してきたライフワーク

   内田さんが主催している年越し音楽イベントは東京・PARCO劇場(当時は西武劇場)で行われた1973年の「フラッシュコンサート」を皮切りに46回続いている。

   第1回のフラッシュコンサートには桑名正博さん(故人)が所属した「ファニーカンパニー」や矢沢永吉さんが参加した「キャロル」、そして46回目にも参加した「頭脳警察」ら豪華な出演陣が名を連ねた。

   その後、「ROCK'N'ROLL VOLUNTEER」や「スモーキン・クリーンコンサート」と名を変えつつ第6回から「NEW YEAR ROCK FESTIVAL」の名称に変わった。

   内田さんが懇意にしていたジョー山中さん(故人)や安岡力也さん(故人)といったお馴染みの面々や、ロックバンド「シーナ&ロケッツ」は78年から40回連続で出演している。

   P-MODELやヒカシューといったテクノポップバンドやシャネルズ(ラッツ&スター)やスターダスト・レビューなどポップス勢も80年代前半のイベントに出演。新進気鋭のバンドやミュージシャンも積極的に出演させた。

   開催地も東京だけに留まらず、32回から上海で同時開催。その後、35回目から現在の「NEW YEARS WORLD ROCK FESTIVAL」に名を改めてソウル、ロンドン、台北でも開催した。

   発起人である内田さんも1815ロックンロールバンドやトルーマン・カポーティ・ロックンロールバンドを従えてパフォーマンスを行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中