2019年 4月 18日 (木)

5歳児死亡のオブジェ火災、関係者6人を書類送検

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   2016年11月、東京都新宿区の明治神宮外苑のイベント会場で、展示されていたジャングルジム状の木製のオブジェが燃え、中にいた当時5歳の男児が死亡した。警視庁は19年3月18日、オブジェを展示した日本工業大学の学生2人を重過失致死傷の疑いで、同大の教員1人とイベントを主催した広告会社の3人を業務上過失致死傷の疑いで書類送検した。各メディアが報じている。

   オブジェの中には元々あった発光ダイオード(LED)の照明に加えて、学生が白熱電球付きの投光器を設置していた。オブジェ内は木くずが敷き詰められ、白熱球の熱により出火したとみられている。男児は逃げ遅れ、助けようとした父親ら2人がやけどを負った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中