2019年 6月 19日 (水)

グーグルマップに異変、「謎の湖出現」 ゼンリン公式がツイートしたコト

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

ゼンリン広報担当「お答えできかねる」

   一方、あるユーザーからは、「GoogleMapsの著作権表示」について、「以前はスケールに応じて『ゼンリン』と入っていた気がするが、今はない」と指摘する声も上がっていたほか、「Googleマップがゼンリンと契約解消?」と推測する声もあった。

   ゼンリンの総合企画室広報担当は22日、J-CASTニュース編集部の電話取材に対し、「契約関係のことに関しては2社間の契約になりますので。詳細なことはお答えできかねる」などと述べるにとどめた。インターネットの配信を担当している子会社ゼンリンデータコムが、2005年からグーグル側に地図情報の提供を開始していたというが、「解消したかとか、契約の有無に関してもお答えできない」と話していた。

   ゼンリンの公式ツイッターアカウントでは22日9時ごろ、「おはようございます(絵文字)界隈のTLが大変にぎやかですね...今日も1日がんばっていきましょう(絵文字)」とつぶやいていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中