2019年 12月 11日 (水)

小林?炭谷?それとも... 混迷続く巨人「正捕手レース」、野口寿浩氏の見方は

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

どちらかが打撃で数字を残せば...

   野口氏によると、捕手がチームに与える影響は大きく、チームの士気にも関わるという。野口氏は「昨シーズン、小林選手は春先、バッティングが良く、守備も良かったです。体全体に自信がみなぎり、構えもどしっとしていました。ただ、バッティングの調子が下がってくると、守備が浮足立っているように見えた試合もありました。キャッチャーの立ち振る舞いはチームに安心感を与えるので、キャッチャーがどっしりとしていることは、すごく大事なことなのです」と捕手のチーム内での役割について言及した。

   バッティングの好不調によって守備に影響が見られる小林に対し、野口氏によれば、炭谷にはそのようなプレーはあまり見られないという。ただ、炭谷も小林同様に課題のバッティングで結果を残していないため、正捕手確定のランプは灯っていない。野口氏は「小林選手と炭谷選手のどちらかのバッティングが良ければ何の問題もなく、どちらかが正捕手になるでしょう」と話す。

   また、ベテラン阿部について野口氏は「代打での起用になってくるのではと思います」とした上で、「体力的に不安があるかもしれません。その不安感を周りから悟られないようにしなければならない。阿部選手くらいになればそういう心配はいならないかもしれませんが」と話した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中