2019年 4月 24日 (水)

横浜高校「握手なし」結局なぜ? ネット疑問も対戦校は「まったく気にしていません」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   センバツ高校野球の1回戦で、敗戦した横浜高校(神奈川県)の選手らが試合後、対戦相手と握手せずにベンチに戻ったことに、ネット上で疑問や批判の声も相次いでいる。

   試合後などに握手しない規則があるとの指摘も出ているが、神奈川県高野連は、J-CASTニュースの取材に対し、その規則を否定し「その時に応じて」だと説明した。

  • 試合後の握手はどうなっている?
    試合後の握手はどうなっている?

13年版の「大会細則」には...?

   2019年3月24日の試合では、対戦相手の明豊高校(大分県)に逆転され、古豪の横浜高校は、5対13の大差で敗れて初戦で姿を消した。

   主審らが「礼!」と声をかけると、対戦相手の明豊高校(大分県)の選手らとともに帽子を取って深くおじぎをする。直後に明豊高校の選手らが前に出たが、横浜高校の選手らは、1人を除いて握手せず、すぐに後ろを向いて足早にベンチに戻って行った。

   こんなシーンがNHKの野球中継で流れると、ツイッター上では、横浜高校に対する疑問や批判が次々に出た。

   「ボロ負けして試合後の握手無しなの?」「相手に対して失礼になる」「高校はどういう指導してるんですか」...

   高校野球では、多くのチームが試合後に握手していたとの指摘があり、なぜ今回はしないのかとの声もあった。

   一方で、横浜高校が握手しなかったのには、事情があったためではないかと冷静に見る向きもあった。

   その根拠の一つとして、県高野連が2013年の「大会細則」として公式サイトに載せている一文がある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中