2019年 10月 18日 (金)

やっぱり減ってない「訪韓日本人」 2月も26.7%増、若者・女性の勢い止まらず

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   日韓関係が冷え込むなかでも、韓国を訪れる日本人観光客は増え続けている。韓国観光公社が2019年3月22日に発表した月次の観光統計によると、2月に韓国を訪れた外国人観光客は前年同月比15.0%増の120万1802人で、そのうち日本人は21万3200人を占める。伸び率は26.7%で、全体の伸び率を大幅に上回る。

   韓国観光公社では、「若年層・個人観光客を中心に訪韓需要が持続的に増えている」とみている。

  • 成田-仁川を結ぶ韓国のLCCが次々に増便されている
    成田-仁川を結ぶ韓国のLCCが次々に増便されている

「国籍別」で「入国せず乗り継ぎ」は含まず

   この統計は、韓国入国の際に提出する入国カードや、入国審査で読み取ったパスポートのデータをもとに、国籍別に集計されている。そのため、韓国に入国せずに仁川空港で欧米便に乗り継ぐ日本人客は含まれない。

   2月に韓国に入国した日本人観光客の内訳をみると、男性は7万961人で前年同月比5.1%の伸びにとどまったのに対し、女性は13万9997人で41.9%も伸びた。これ以外に乗組員として韓国に入国した日本人が9.3%多い2242人いた。

   年齢別にみると、最も多かったのが21~30歳で、43.5%増の7万5150人。41~50歳(3万3255人、9.5%増)、51~60歳(2万9288人、14.2%増)、31~40歳(2万9004人、14.5%増)と続いた。最も伸び率が高かったのが0~20歳(2万6804人、55.4%増)で、30歳までの比較若い層で韓国に行く人が増えていることが分かる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中