2019年 11月 22日 (金)

出版不況なのに...? 大日本印刷「就職人気」9位に急上昇した理由

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   就職人気ランキングで、印刷大手の大日本印刷(DNP)がトップ10に入った。数年前は80番台だったが、年々順位を上げていた。

   「出版不況」と言われて久しく、出版と密接な関係がある「印刷関連」業界にも厳しいイメージがあるからか、ツイッターには「なぜに大日本印刷?」と、そのトップ10入りを不思議がる声も見受けられた。その理由分析について、ランキングを発表した就職情報会社の学情と、当の大日本印刷に話を聞いた。

  • 学情が発表した「2020年卒 就職人気企業ランキング(速報)」(学情サイトより)
    学情が発表した「2020年卒 就職人気企業ランキング(速報)」(学情サイトより)

首位は6年ぶりの「伊藤忠」

   学情は2019年3月18日、20年春卒業予定の大学生らの就職人気ランキング(9500人弱からの有効回答を集計)を発表した。伊藤忠商事が6年ぶりに首位になるなど総合商社の人気が高いことや、航空大手は乗務員の飲酒問題でイメージがダウンしたからか、順位を下げたことに注目が集まった。

   そんな中、前年発表の21位から急上昇して9位に入った大日本印刷(業界区分は「印刷関連」)の躍進にも関心が寄せられた。直近の5年分(2014年発表<15年卒予定>分以降)をみると、42位、60位、83位、63位、21位と続き、今回の9位につながる。ここ数年は急上昇傾向となっている。大日本印刷は、凸版印刷とともに国内印刷業界の2強体制の一角を占める。

   ランキングが発表されると、ツイッターには「なぜに大日本印刷?」といった声が寄せられていた。「出版不況続く(以下略)」(日経新聞電子版、19年1月25日)といった報道を目にすることが多く、出版と関係が深い印刷業界も厳しい状況である、というイメージがあるからか、意外だと感じたようだ。

   実際、日本印刷産業連合会の公式サイト上で「印刷市場の動向」の項目をみると、「工業統計による印刷産業の出荷高は、2016年には5兆2752億円となり、(04年からの)12年間で1兆9300億円の減少となりました」と、その出荷高の減少傾向を指摘している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中