2021年 3月 7日 (日)

東大王・水上颯も参戦!「競技クイズのJリーグ」年間チャンピオンを勝ち取ったのは誰だ?

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

決勝は緊迫の「タイマン」戦

   そして決勝。ルールは早押しのないボードクイズだ。7ポイントで勝敗を決める。問題を最後まで聞いて書く、まさに知識のガチンコ勝負。徳久さんと石川さんの一騎打ちとなったこの戦い、1ポイント差で石川さんがリードを保ち、6対5でリーチをかけた。

   「クニオ・ナカムラ」。日系のパラオ大統領を答える問題で徳久さんが追いつく。どちらもリーチとなった後は、「千畳敷駅」を「千畳敷カール駅」、「ニル・アドミラリ」を「ニル・アドミラル」と答えて勝利を逃した徳久さんに対し、石川さんも「ガブリエルのラッパ」を「ラファエルのラッパ」と答えるニアミス。この展開には会場もそろって固唾を呑む。そして最後、孟子の唱えた性善説の 4つの心のうちの1つを問う問題で、徳久さんが「惻隠(そくいん)」と答えて正解。初代の王者に輝いた。

   優勝した徳久さんに勝因を尋ねると、「なんでしょうね(笑)。最後のボードでニアミスが続いた時には焦りました。ああいうのが続くと折れちゃうことが多いのですが、諦めなかったことがいい結果に繋がりました」と激戦を振り返った。

   ほぼ1年かけて実施されたこのシリーズ、問題作成を担当した田中健一さんも、「まさかここまで接戦になるとは思ってもいなかった」と言うほどの結末。

   主催の日本クイズ協会代表理事・齊藤喜徳さんは、「クイズの普及と地位向上を目的とする協会の狙いは、この大会でかなり実現できたと思います」と満足げ。

「第2回の今年も、海の日(7月15日)に予選を実施する予定です。エントリーは5月上旬から開始する予定ですので、今年より多くの皆さんに出場していただけるよう、工夫していきます」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中