2019年 11月 12日 (火)

巨人、広島3連戦で「うれしい誤算」 林昌範氏が注目した2人の投手とは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   プロ野球のセ、パ公式戦が2019年3月29日、一斉に幕を開けた。セ・リーグの注目カード、広島-巨人の開幕シリーズは、広島のホームであるマツダスタジアムで3試合が行われた。広島・大瀬良大地投手(27)、巨人・菅野智之投手(29)の両エースの投げ合いとなった初戦は、広島が5-0で先勝。続く第2戦目を5-2で取った巨人が、第3戦で逆転勝利を収め、開幕カードを2勝1敗で勝ち越した。

   5年ぶりのV奪回へ幸先のよいスタートを切った原巨人。春季キャンプからオープン戦にかけて不安視されていた中継ぎ、リリーフ陣は開幕シリーズで、どのように機能したのか。ローテーション投手の安定度は?今シーズンの行方を左右する広島との開幕3連戦。巨人、日ハム、DeNAで投手として活躍し、現在、船橋中央自動車学校に勤務しながら野球解説者を務める林昌範氏(35)はどのように見たか。J-CASTニュース編集部が聞いた。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

不安が指摘される中継ぎ、リリーフ陣だが...

   エース菅野を擁して臨んだ初戦は、菅野が7回1失点に抑えたものの、後を継いだ大江竜聖投手(20)、宮国椋丞投手(26)が崩れて8回に4点を失った。続く第2戦目は先発テイラー・ヤングマン投手(29)が6回1失点の好投を見せ、吉川光夫投手(30)、中川皓太投手(25)と繋いでライアン・クック投手(31)が締めて今季初勝利。第3戦は先発・畠世周投手(24)が5回3分の2を投げて2失点。その後は細かい継投策で広島打線を抑え込んだ。

   この開幕シリーズで林氏の印象に強く残ったのは、第3戦に先発した畠投手だという。ルーキーイヤーの2017年、畠はシーズン終盤にローテーション入りして6勝4敗。昨シーズンは、キャンプ中に痛めた腰の影響で大きく出遅れ2勝にとどまった。プロ3年目にして開幕ローテーションに抜擢され、その投球に注目が集まっていた。

   林氏は「菅野選手、山口選手、メルセデス選手は経験も実績もあり、一年を通してローテーションを守る力を持っています。残り3枚のヤングマン選手、畠選手、高橋選手に注目していましたが、畠選手の第3戦目の内容は首脳陣にとってうれしい誤算だと思います。畠選手の出来次第では、中継ぎ、リリーフ陣にかかる負担も大きく違ってきます。今シーズンは、岩隈選手の離脱、澤村選手がファームでの調整を余儀なくされるなど、前評判では中継ぎ、リリーフ陣の不安が報じられています。そのような中でローテーションの一角として期待される畠選手が結果を残したことはチームにとっても大きいと思います」と指摘した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中