2019年 5月 22日 (水)

傾けると「虹色がキラキラ」 ラグビーW杯「記念硬貨」もうすぐ受付終了

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   2019年9月20日に開幕するラグビーW杯日本大会の記念硬貨が、財務省造幣局(大阪市)から限定販売中、4月4日締め切りとなっている。

   今回、限定発売するのが金貨、銀貨の2種類。金貨は額面で1万円(販売価格12万円)、銀貨が額面で1000円(販売価格9500円)というもの。銀行などの金融機関での引き換えは行われず、通信販売限定だ。

  • ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣(金貨)(造幣局ホームページより)
    ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣(金貨)(造幣局ホームページより)
  • ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣(銀貨)(造幣局ホームページより)
    ラグビーワールドカップ2019日本大会記念貨幣(銀貨)(造幣局ホームページより)

金貨、銀貨に「虹色発色」を採用

   まず金貨だが「純金」で重さ15.6グラム、直径が26ミリ。流通する500円玉の直径が26.5ミリなので、サイズはほぼ同じだ。しかし500円玉は「ニッケル黄銅」を使用しており、重さは7グラム。見た目は同じサイズ感だが、純金だけに重量は倍以上だ。

   一方の銀貨も「純銀」でできている。こちらは重さ31.1グラム、直径は40ミリと、現在の日本通貨にはないビッグサイズとなっている。

   突出すべきは「虹色発色」という技法を使っているところだ。硬貨の表面に、文字通りレインボーカラーが施してあるもの。発行元の財務省担当者によると、

「造幣局発行の金貨では、初めて『虹色発色』を採用しました。また銀貨は表裏両面で『虹色発色』を使用していますが、両面に用いるのは初めてです。硬貨を傾けると、光の加減によって虹色がキラキラする仕上がりになっています」

という。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中