2019年 5月 22日 (水)

読売だけが「首相写真」のナゼ 「令和発表」各紙1面は官房長官会見だが...

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   新元号「令和」を伝える新聞各紙の紙面では、読売新聞の「独自路線」が際立った。発表直後の2019年4月1日の夕刊では各紙が1面トップで新元号を伝え、多くの社が新元号を発表する菅義偉官房長官の写真を使った。そんな中で、読売新聞の1面トップを飾ったのは、直後に行われた安倍晋三首相の会見写真(東京本社最終版)。菅氏の会見写真は2面に掲載された。

   これは必ずしも偶然ではなかったようで、翌4月2日朝刊でも、全国紙では読売新聞だけが安倍氏の会見写真を1面トップにした。

  • 上から朝日、毎日、読売、日経、産経。左側が4月2日朝刊、右側が4月1日夕刊(いずれも東京本社最終版)
    上から朝日、毎日、読売、日経、産経。左側が4月2日朝刊、右側が4月1日夕刊(いずれも東京本社最終版)

読売だけ前文で首相会見に触れる

   1日夕刊の時点で、読売は1面の写真以外でも「独自路線」だった。朝日、毎日、日経は1面の前文(リード文)で新元号の出典、施行までの手続きなどを説明する中で、読売新聞は唯一

「安倍首相は決定後に記者会見して首相談話を発表し、新元号に込めた意味などを説明した」

と安倍氏の会見に触れた。2日朝刊の最も目立つ見出しは

「令和」(朝日)
「新元号 令和」(毎日)
「『令和』次代へ」(読売)
「令和」(日経)

といった具合で、読売だけ方向性の違いが目立つ。

   東京本社管内で夕刊を発行していない産経新聞は、2日朝刊で「新元号『令和』」の大見出しとともに、菅氏の写真を中央に配置。この日の産経新聞の紙面には安倍氏の単独インタビューが掲載されたが、掲載した産経新聞ですら、扱いは1面の2番手だった。

過去には「読売を熟読して」首相発言も

   読売新聞と安倍氏は比較的密接な関係にある。安倍氏は憲法記念日にあたる17年5月3日の読売新聞朝刊1面のインタビューや、同日に開かれた改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、2020年までに憲法を改正し施行を目指す意向を表明。このことが5月8日の衆院予算委員会で取り上げられた際、安倍氏は

「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてありますから、是非それを熟読していただいてもいいのでは」

と答弁。野党が

「新聞読めって言うのかい!」
「そんなバカなことないでしょ!」

などと反発した経緯がある。

(J-CASTニュース編集部 工藤博司)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中