2020年 8月 12日 (水)

「令和」考案者を報じるメディア続々 ネット「マスコミの権力誇示」の声も

お金のプロだけが知っている、保険を使った賢い貯蓄方法!

   政府が公表しないとした新元号「令和」の考案者などについて、各メディアが次々に報じている。

   こうした報道に対し、ネット上では「迷惑がかかる やめれないのか?」といった疑問や反発する声もあがっている。

  • 政府は考案者を公表しないとしたが…
    政府は考案者を公表しないとしたが…
  • 政府は考案者を公表しないとしたが…

本人が秘匿を希望している、と菅長官が説明

   考案者などを公表しない理由として、菅義偉官房長官は2019年4月1日の会見で、本人が秘匿を希望しているほか、公表すれば特定の個人との結び付きが強調されることを挙げた。

   安倍晋三首相も同日、NHKのテレビ番組出演で、令和の選定過程について、前例にならって、30年間は非公開とする考えを示した。公文書管理法施行令の規定に沿ったものらしい。

   ところが、大手新聞などでは、元号発表の1日のうちから、考案者についてほぼ断定するようなニュースをサイト上で流した。さらに、政府が発表しないとした元号の候補案やその数、ほかの候補の考案者らも次々に報じた。

   また、令和の考案者とされた万葉集研究のある第1人者にも、発表前後に直接取材し、本人は、「私は関係していない」「ノーコメント」などと困惑げに答えたと伝えている。

   これに対し、ツイッターやニュースのコメント欄などでは、メディアの報道などに疑問や反発の声が次々に書き込まれている。「何でもかんでも、報道すれば良いのでは無い」「迷惑がかかる やめれないのか?」「マスコミの権力誇示の意図しか感じられません」などだ。

   中には、報道の規制まで説く向きもあった。また、漏らしたとされる政府関係者について、責任を問う声も上がっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中