2019年 9月 22日 (日)

保釈のピエール瀧に「がんばれー!」「めげるなよ!」 警察署前に響いた声援

印刷
独自成分T21配合!日清食品のアレルライトハイパー。今だけ...

   反省の弁を述べ、深々と頭を下げた被告に、フラッシュが激しく焚かれる。しかしそれと同時に、次々と上がったのは「応援」の声だった。

「がんばれー!」

   麻薬取締法違反の罪で起訴された音楽グループ「電気グルーヴ」のメンバーで、俳優としても活躍するピエール瀧(本名・瀧正則)被告が2019年4月4日19時過ぎ、東京湾岸署から保釈された。

  • 瀧被告が拘留されていた東京湾岸署
    瀧被告が拘留されていた東京湾岸署

複数の男性の叫ぶ声が

   黒のスーツ姿で瀧被告が姿を見せると、レポーターらの「今、瀧被告が姿を見せました」といった声に交じって、「瀧さーん!」といった声が響き始める。

「このたびは、私ピエール瀧の反社会的行為により、たいへん多くの皆様の......方に、ご迷惑とご心配をおかけしてしまいました。誠に申し訳ございませんでした」

   マスコミの前に進み出て、瀧被告は関係者に促されるまで、30秒近くにわたり頭を下げた。フラッシュの嵐の中、マスコミとともに警察署で待ち構えていた、ファンらしき複数の男性らが、次々と大声で叫ぶ。

「がんばれー!」
「めげんなよー!」
「応援してるぞー!」

   その声は、瀧被告が顔を上げ、用意された自動車に乗り込むべくその場を離れてからも続いた。

「ピエールがんばれー!」
「待ってるよー!」

   こうした声は各種の中継でも一部聞き取ることができ、視聴者からはツイッター上で、「めっちゃ応援されてて、それに泣きそうになったわ?」「瀧頑張れ!俺も待ってる!」といった反応も出ていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中