2019年 4月 18日 (木)

イチロー、国民栄誉賞を辞退 菅官房長官「ご本人の気持ちを尊重」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   菅義偉官房長官は2019年4月5日午前の記者会見で、現役引退したイチロー元選手に対する国民栄誉賞授与の検討を見送ることを明らかにした。政府の打診に対し、イチロー元選手の代理人から「人生の幕を下ろした時にいただけるよう励みます」と返答があった。

   菅氏は「ご本人の気持ちを尊重し、現役引退に伴う検討を見送ることとした」と述べた上で「イチロー選手はこれまでも多くの方に夢や希望を与え続けてきたスーパースターであり、国民のみなさんとともに今後の活躍を楽しみにしていきたい」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中