2019年 10月 18日 (金)

「架空の女性社員」名乗りメール、ほかにも... 人材会社の営業手法が物議、社長「反省しております」

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   副業仲介サービスの「シューマツワーカー」(東京都渋谷区)が2019年4月8日、営業メールで女性の名前を騙るなど不適切な行為をしていたとして謝罪した。

   同社の松村幸弥社長はJ-CASTニュースの取材に「節度や配慮に欠けた対応であったと認識、反省しております」と答えた。

  • 実際の記事(現在は削除済み)
    実際の記事(現在は削除済み)

登録者いないのに「増えてきてるんで」

   シューマツワーカーは16年9月に設立。17年7月に副業仲介サービスを始め、19年2月に登録者は7000人を超えた。4月4日には人材サービス大手のエン・ジャパンと業務提携を発表している。

   物議を醸したのは、松村社長が18年12月にビジネス交流サイト「Wantedly(ウォンテッドリー)」に投稿した記事だ。

   起業から資金調達までの道のりを振り返った内容だが、19年4月初旬に「これはさすがに無い」「倫理観が問われる案件」とツイッターで多数の指摘を受け、その後非公開となった。

   批判を集めたのは、以下のような営業トークをしていたと告白したためだ。

「初めてのお客さんは、西新宿にあるWEBメディアを運営しているスタートアップだった。(中略)『登録者けっこう増えてきてるんで、すぐ見つかると思います!』と言った。もちろん、登録者なんていない(中略)すぐに、知人のRailsエンジニアに『副業しようぜ!こんなめっちゃいい会社で、こんな魅力的な経営者がいて、こんないい条件!絶対やった方がいい!』と言いまくる」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中