2019年 6月 19日 (水)

GACKT、似顔絵を「添削」 ファンには好評だけど「失敗したな...」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「触っちゃいけないものがある」。2019年4月9日、ミュージシャンのGACKTさんが教訓めいた一言をインスタグラムに投じた。

   手を触れてはいけない何かに触れてしまったのだろうか。その答えは、同時に投稿されていた動画にあった。

  • GACKTさん(2015年撮影)
    GACKTさん(2015年撮影)
  • 画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(1)
    画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(1)
  • 画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(2)
    画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(2)
  • 画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(3)
    画像はGACKTさんのインスタグラムのスクリーンショット(3)

「ボクの目はもっとこうだと思います」

「ボクの目はもっとこうだと思います。鼻はこれぐらいです。顔の輪郭はこのぐらいです。目はもう少し垂れてます」

   動画の中でGACKTさんはこのようにつぶやきながら、ホワイトボードに描かれたあるイラストに赤ペンを入れている。19年2月22日に公開された映画「翔んで埼玉」の登場キャラクターで、GACKTさん演じるアメリカ帰りの転校生・麻実麗を描いたものだ。

   GACKTさんはイラストの顔の各パーツに赤ペンでそれぞれ「添削」を入れたが、その結果「変な人になった!」と苦笑い。「失敗したな...触っちゃいけないな!」と反省していた。

   これを受け、ファンたちは「触っちゃった」、「赤ペン先生やってる!」、「GACKTさんの御茶目さ炸裂」と好意的な書き込みをインスタグラムに寄せている。また添削後のイラストについて、GACKTさんは「失敗」と称したが、

「GACKT画伯?あ~あ~...。でも、確かに目はちょっと垂れてますね」
「まぁ影出来たって事でOK」
「上手だと思いますよ」

と誉める声も多い。そのほか「次の新作も楽しみにしてますね」と次作に期待を寄せるファンのほか、「元の絵描かれた方上手いですね」とイラストの作者をフォローするコメントも見受けられた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中