2020年 10月 21日 (水)

沖縄のATMは「2000円札」が当たり前 「優先」「不要」ボタンで選べる

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

「積極的に使ってほしい」思いは共通

   沖縄銀行の総合企画部では、2000円札不要ボタンを設置した理由について、J-CASTニュースの4月9日の取材に、次のように説明した。

「ATMでは、2000円札が切れてなければ、お釣りとして出てきます。優先して使ってほしいためで、趣旨は琉球銀行と変わりません」

   一方、琉球銀行では、総合企画部の担当者が取材にこう話した。

「2000円札がほしい人は、優先ボタンを押せばいいということです。このシステムでは、『不要ボタン』は必要がないことになります」

   共通しているのは、両行とも2000円札を積極的に使ってほしいということのようだ。なお、両行の窓口では、求めがなければ、2000円札をお釣りとして出すことはほとんどないという。

   県の観光振興課では、「ATMについては、各金融機関の取り組みに任せています。流通促進委員会は、2000円札の発行10周年を機に一定の成果を挙げたと考え、2011年に解散していますが、守礼門には平和のメッセージがありますので、今後もより流通に広がりを見せてくれればと思っています」と話している。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中