2019年 9月 18日 (水)

レジェンド・葛西紀明だから語れた「イチロー引退」 「ライバルというか...」

印刷
日本最大級の動画配信サービス【U-NEXT】まずは31日間無料お試し

   スキージャンプ界の「レジェンド」葛西紀明選手が2019年4月11日、東京都内のイベントに登壇し、2019年3月21日に「引退」を発表したイチローさんについて語った。

   葛西選手は1972年生まれ。イチローさんは1973年生まれ。競技は異なるものの、年下が先に「引退」を発表したことについて、どう思うのか?

  • イベントに出席し、スキージャンプについて語る葛西選手
    イベントに出席し、スキージャンプについて語る葛西選手

イチロー、カズから受ける刺激

   葛西選手は、

「すごく悲しいことですね。40代、そして50歳を超えて頑張っている選手が少ないので...。競技は違えど、ライバルというか、イチロー選手を見ながら『よし、僕も頑張ろう!』っていう気持ちでやってきたので。イチロー選手がいなくなってしまうと、ちょっとキツいですね...。やっぱり、頑張れるっていう気持ちも、少し、減ってしまうんですけれども。(イチローさんの引退は)自分にとって、すごい大きな出来事でした」

と、唇をかみしめた。

   一方で、サッカー界の「レジェンド」カズこと三浦知良選手は1967年生まれ。今年、52歳を迎えたが、いまだ現役でプレーを続けている。そんなカズに対して、葛西選手は、

「(刺激は)もちろんあります。(交流は)あんまりないですけど、たまにお会いすることがあるので。一方的にカズさんから『頑張ってんな~!』っていうっていう(言葉をもらう)感じなんですけど、カズさんもすごく頑張っているので、カズさんを見て、どこまで現役を続けていくのか、すごく気になりますし、僕もカズさんと同じぐらい続けていきたいと思っています」

葛西選手は「何歳」まで現役を目指す?

   一方で、同じジャンプの小林陵侑選手は2018年~2019年シーズンでW杯13回優勝という驚異的な成績で、世界一のジャンパーとなった。この功績が広く認められ、北海道の「道民栄誉賞」も受賞した。小林選手は1996年生まれの22歳。葛西選手にとっては「息子」といっても過言ではない。

   葛西選手は、小林選手について、

「僕の愛弟子ですので、まさかこんなに強くなるとは思っていませんでした。これからもっともっと成績を出して『道民栄誉賞』、そして『国民栄誉賞』に近い存在になっているので、そこを目指して、もっともっと強くなってほしいと思います」

   刺激を受けることは?

「もちろん、ありますね。今までは僕が教えてきて、ちょっと教えすぎたかな...ってところはありますけれども(笑)。これからは、彼を目標に頑張って行きたいなと思っています(笑)」

   因みに、ご自身の口から「60歳ぐらいまでは...」という言葉も飛び出した。

「難しいとは思いますけど、自分はジャンプを愛していますし、モチベーションが下がるまではやりたいと思っているので。ずっと続けていきたいと思っています」

   どこまでも「ブッ飛んでいる」ナイス・ダンディーである。

(J-CASTニュース編集部 山田大介)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中