2019年 4月 23日 (火)

報道少ないが実態は? ネット騒然「港湾ストライキ」、物流への影響を聞いた

印刷
ロート製薬が開発した糀でできたクリーム。500円モニター募集!

   港湾運送の業界団体と2労組が春闘で行っていた団体交渉が決裂し、22年ぶりとなる「平日ストライキ」に突入した。

   物流が一部でストップしたとの声がネット上で出ているが、どんな影響があるのだろうか。

  • スト決行を伝える全国港湾労働組合連合会の公式サイト
    スト決行を伝える全国港湾労働組合連合会の公式サイト

「輸入酒絶望的で困惑」など書き込みも

   「輸出入が全部ストップする」「これ物流死亡確定やんけ」「なんでニュースで報道しないの??」...

   港湾ストライキが平日の2019年4月15日に行われるとの情報が前日に出回ると、ツイッターやネット掲示板などでは、こんな書き込みが相次いだ。

   14日時点ではネットで配信された記事としては、日本海事新聞の電子版が報じた程度。日経テレコンのデータベースでも、事前の報道は業界紙が主だ。その後、15日の夕方になってNHKなども報じたが、大手メディアからのニュースは確認できなかったこともあり、ネット上での注目度が加速した側面もある。

   全国港湾労働組合連合会の公式サイト上にアップされた情報などによると、同労組と全日本港湾運輸労働組合同盟が11日、業界団体の日本港運協会と労働条件の改善についての団体交渉を行った。しかし、最低賃金などを巡って折り合いがつかず、2労組はこの日のうちに、14、15日のスト実施を決めた。

   ストは実際に、14日の午前8時30分から始まり、48時間ストとして16日の同時まで行う予定だ。2労組は、日本港運協会の対応によっては、ゴールデンウィークの10連休にストを行う可能性も示唆している。

   真偽は分からないが、ネット掲示板などでは、「酒の卸、輸入酒絶望的で困惑」「船便のスケジュールやたら遅延してる」「Amazonとか入荷遅れ出てるみたい」といった状況が次々に書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中