2021年 3月 5日 (金)

萩生田発言で野党の「温度差」露わに 重鎮議員は「しっかり考えてもらわなきゃ...」

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

ノリノリ福山氏、困った玉木氏

   4月18日の時点で、野党からは解散総選挙を前提にした発言が相次いだ。共産党の志位和夫委員長は、

「(増税)断念に追い込む戦いを、いよいよ強めたい。にもかかわらず増税に突っ込むというのであれば、審判を下して安倍政権もろとも、増税の動きは吹き飛ばすという決意で頑張りたい」

と話し、立憲民主党の福山哲郎幹事長も

「我々としては、解散をするなら堂々と受けて立ち、野党で協力して安倍政権を倒す絶好の機会を得ることができると考えている」

と前向きだ。一方、国民民主党の玉木雄一郎代表のツイートは、

「消費税増税先送りを口実にした衆参同日選の可能性が高まったと言える。政権はバラバラな野党の現状を見透かしているのだ。速やかに現状を打破しないと野党は大敗する」

と、悲観的に見える。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中