2019年 5月 20日 (月)

ゴラン高原にトランプ大統領にちなんだ新しい地域誕生か ネタニヤフ首相が提案

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   イスラエルのネタニヤフ首相は2019年4月23日、アメリカのトランプ大統領の名をとって新しい地域を、ゴラン高原につくりたいという主旨の動画をユーチューブ上に公開した。ユダヤ教の宗教的記念日である過越祭中のネタニヤフ首相は、その祭日が終わり次第、政府に提案する方針だという。

   ネタニヤフ首相は、家族とともにゴラン高原を訪問。「すべてのイスラエル人はゴラン高原に主権を認めたトランプ大統領の歴史的決断に深く感銘した」とゴラン高原を背景に発言。動画は約25秒。コメント欄は「Trump heights towers」など名前を予想しあう人に沸いた。

   イスラエルは、シリア領であるゴラン高原を1967年の第三次中東戦争から占領。シリアや国連は認めてこなかったが、今年3月にトランプ大統領がツイッターで「52年を経てアメリカはゴラン高原のイスラエルの主権を認める時が来た」と発言していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中