2019年 6月 18日 (火)

ホームラン「平成第一号」は原辰徳氏、じゃあ「令和第一号」は? 確率高そうなチームは...

印刷
ロート製薬『セノビック』500円モニター募集!

   2019年5月1日、新元号の「令和」が始まる。

   ゴールデンウィーク真っただ中、プロ野球は全6試合が予定されており、プロ野球ファンが注目するのは新元号の令和第一号本塁打だろう。新たな歴史に名を刻むのは果たしてどの選手か。それはセ・リーグから出るのか、それともパ・リーグからか。J-CASTニュース編集部が令和第一号に迫った。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ

すべてデーゲームのセが有利?

   令和第一号を予想する前に、平成元年のプロ野球を振り返ってみたい。平成の記念すべき第一号を放った選手を皆さん、ご存じだろうか。それは巨人の若大将こと現巨人の原辰徳監督(60)だ。平成元年の1989年4月8日、東京ドームで行われた巨人-ヤクルト戦の1回裏に歴史は動いた。

   午後1時にプレイボールとなった巨人-ヤクルト戦。1回裏2死3塁の場面で打席には4番・原が。対する投手はヤクルトのエース尾花高夫。カウント2-2から尾花が投じた6球目だった。打球は快音を残して左翼スタンドへ。原の通算250号となる先制の2ランは、日本プロ野球の平成史に残る一発となった。

   さて、「令和元年」5月1日のプロ野球のスケジュールを見てみると、セ・リーグ3試合は全て午後2時プレイボールのデーゲームとなっている。巨人-中日戦が東京ドーム、DeNA-ヤクルト戦は横浜スタジアム、阪神-広島戦は甲子園で予定されている。この中で雨天中止がない屋内型球場は東京ドームのみで、他の2試合は天候によっては中止の可能性も出てくる。

   一方、全3試合がナイトゲームとなるパ・リーグで最も早いスタートとなるのが、オリックス-ロッテ戦の17時(京セラドーム)だ。これに続いて西武-日ハム戦(メットライフドーム)、ソフトバンク-楽天戦(ヤフオクドーム)が18時にプレイボールとなる。3試合いずれも屋内型球場なので、天候に左右されることはなさそうだが、試合開始時間からいえば、セ・リーグよりも可能性は低いと言わざるを得ないだろう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • 「無期転換ルール」、新たな「働き方」は軌道に乗っていますか?

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中