2019年 11月 22日 (金)

厳粛なテレ朝、はしゃぐNHK... 「改元カウントダウン」を各局はどう伝えた?

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   2019年5月1日をもって、平成から令和へと元号は変わった。新たな「時代」の幕開けに、日本列島各地がお祝いムードに包まれた。

   テレビ各局は特番を組み、列島各地の中継などを交えて元号が変わる瞬間を伝えていた。カウントダウンの前後を中心に、在京キー局の番組内容をまとめてみた。

  • 各局の中継にもたびたび登場した皇居前。令和元年を迎えた朝も、大勢の人が詰めかけた(5月1日撮影)。
    各局の中継にもたびたび登場した皇居前。令和元年を迎えた朝も、大勢の人が詰めかけた(5月1日撮影)。

「あと15秒だってよ。ちょっと待って」でドタバタ

   日本テレビは、ニュース番組「news zero」の2時間スペシャルを放送。皇居前や大阪の道頓堀、岐阜郡上市などの中継映像を交え、日付が変わる直前までの列島各地の様子を伝えた。TBSでも報道番組「NEWS23」の拡大スペシャルで、全国各地の様子を中継。日付が変わるカウントダウンの際には渋谷での映像に切り替え、興奮に包まれる現地の様子を伝えた。テレビ朝日では、「報道ステーション」の拡大スペシャルを放送。日付の変わる瞬間は、厳粛な雰囲気が漂う皇居前からの中継映像を流していた。

   テレビ東京は、ジャーナリストの池上彰さんを出演者に迎え、「池上彰の改元ライブ」を放送した。日付が変わる1分前から、池上さんが30年間に起きたニュースを交え、平成を1分間で総括。「30年間、日本は戦争に巻き込まれることはありませんでした。経済をデフレから脱却させる新しい令和を期待します」などとまとめていた。

   NHKの特番タイトルは、「ゆく時代くる時代」。番組では、「平成最後の日に○○してみた」というテーマで視聴者から寄せられた動画を紹介していた。動画には、自作の紙飛行機を飛ばしたり、しりとりに挑戦したりする子どもたちの様子などが写っていた。 その後は、渋谷や郡上市など現地の中継を伝えていたが、日付が変わるまでの残り時間が20秒を切り、出演していた爆笑問題の田中裕二さんが「あと15秒だってよ。ちょっと待って」と慌てた。出演者は急いで、残り時間10秒からカウントダウンを始め、新元号に移り変わる瞬間を見届けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中