2019年 12月 10日 (火)

「令和」の日本国憲法の行方 「改憲」機運を新聞各紙はどう伝えた

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

憲法改正の「主役」は安倍首相なの?

   憲法改正について、読売新聞は「憲法に関する議論を各政党が『もっと活発に行うべきだ』と答えた人が65%にのぼった」、と調査結果を明らかにした。

   憲法を「改正するほうがよい」は50%(18年調査は51%)、「改正しないほうがよい」は46%(同46%)。2年連続で賛成派が反対派を上回る、朝日新聞とは逆の結果となった。

   読売は2面で、「改憲議論 打開なるか」「自民、草の根啓発に力」の見出しで、「憲法改正の議論をリードしていくことが、わが党の使命だ」などとする、自民党の憲法記念日に寄せた声明を掲載。7月の参院選の街頭演説やインターネットで「啓発」への発信を強めていく方針を伝えている。

   また、毎日新聞の世論調査では、憲法を改正することに「賛成」の人は31%、「反対」が48%と、反対が賛成を上回った。自民党の支持層は「賛成」が61%、「反対」が24%と、賛成が反対を上回ったが、無党派層に聞くと「賛成」は21%で、「反対」は56%を占めた。

   毎日は社説で、「(改憲に向けた取り組みで、安倍首相は)やはり幾つもの無理が積み重なっている」と指摘。そのうえで、「首相権力に対する統制力の乏しさ」と国会機能の低下を問題視した。

   社説では、朝日新聞も「安倍1強」への懸念を示し、「(憲法改正は)主権者である国民が主導するものであるべきだ」と結んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中