2019年 11月 19日 (火)

対抗して「お肉美味しいデモ」も? ヴィーガン団体が渋谷でデモ予告、ネット揶揄も主催側は...

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   動物由来の食べ物は避けるヴィーガンの人たちでつくる市民団体が、東京・渋谷で肉食を控えるよう訴えるデモを行うと公式サイトで告知し、ネット上で論議になっている。

   この団体は、動物虐待とする写真もデモで掲げるとしている。こうした写真に気分を悪くする人が出る恐れが指摘されているが、団体側は、「知らないと解決しない」などと説明している。

  • 動物由来は避ける主張を展開(写真はイメージ)
    動物由来は避ける主張を展開(写真はイメージ)

赤い服などを着て、150~200人が約2時間練り歩く計画

   「動物はごはんじゃないデモ行進」。こんなタイトルで2019年6月1日夕に行われるデモの参加者を募集しているのは、主催者のNPO法人アニマルライツセンターだ。

   1987年に設立され、工場畜産を大幅に縮小させる活動などをしている。畜産などで殺された動物の死骸写真も、啓発のために、公式ツイッターなどに投稿している。

   当日は、国際キャンペーンカラーという赤色などの服を着て、渋谷区内を2時間ぐらい練り歩く予定だ。アニマルライツセンターは5月7日、J-CASTニュースの取材に対し、150~200人ぐらいが参加する見通しを明らかにした。

   街頭PRなどをするヴィーガンの人たちはほかにもおり、4、5月のGW期間中に東京・お台場で開かれた肉フェスでは、会場入口近くで看板を立てるなどの活動が見られた。ただ、殺された動物の死骸写真などもいくつか展示され、ツイッター上などでは、気分が悪くなったと不快感を訴える声も含めて注目を集めた。

   今回のデモについても、ネット上で反響を呼んで、様々な意見が書き込まれている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中